ライフスタイル

名刺入れの替え時とフェリージのアンティークピンク

マーガレットハウエルの名刺入れ

久しぶりに名刺入れを更新した。名刺入れの買替時というのは、意外と難しい。財布ほど傷むものではないけれど、ビジネスシーンでの出番は多い。

前回名刺入れを更新したのは5年前だった。レザー製でネイビー色のシンプルなやつ。マーガレットハウエルで買い替えたものだった。

僕はネイビー信者なので、ビジネスアイテムは圧倒的にネイビーが多い。迷ったらネイビー。少なくとも、大きく事故ることはない。

名刺入れを買い替えるべきかどうか。前回もしばらく悩んだような気がする。買い替えるべき必然性に乏しかったからだ。

しっかりとしたアイテムを選べば、名刺入れなんてそうそうダメにならない。使い込むことで革には味が生まれるし、愛着も湧いてくる。その気になれば、何年だって使い続けることができそうだ。

松浦弥太郎さん

松浦弥太郎さんは、財布を2年置きに買い替えるそうだ。いつもきれいな財布を持っていることが、大切なことらしい。耐久性ではなく、精神的な問題である。

それを聞いたときに、名刺入れも同じかもしれないと思った。痛む前に更新することで、常に気持ちを高めておくのだ。傷んでから交換するのでは、やはり遅すぎる。

5年前のマーガレットハウエルは、まだピンピンとしている。いくつかの傷は付いているが、美しい傷である。状態として傷んでいるとは思われない。

名刺入れの世代交代

それでも、5年使った名刺入れは、やはり僕には替え時のような気がした。美しい状態のままで、世代交代をしよう。先代の名刺入れは控えに回れば良い。

ベテランバッターが代打の神様に生まれ変わるようなものだ。お気に入りのアイテムが、ダメになってしまうのを見るよりはずっといい。

フェリージの名刺入れ

結局僕は新しい名刺入れを買った。アンティークピンク色をしたレザーのやつ。フェリージの店で、それはひときわ輝いて見えていたのだ。

アンティークピンクの名刺入れと聞いたとき、はじめ僕は絶対に無理だろうと思った。ビジネスシーンでピンク色? 有り得ないだろうと思ったけれど、お店のお姉さんは極めてナチュラルな仕草で僕にアンティークピンクの名刺入れを勧めてくる。男性の方にもお勧めなんですよと、爽やかな笑顔付きで。

お姉さんの持ってきたアンティークピンクの名刺入れは、確かに悪くない色だった。ピンク色というよりは、色褪せて赤みがかったキャメルという感じで、そう考えてみると、ビジネスシーンでも十分にイケそうな気がする。

アンティークピンクはブラウン系

僕はもともと茶色が好きで、特に明るいキャメル色は大好きだった。なぜなら、キャメル色はネイビーとの相性が抜群に素晴らしいからだ。ネイビーと茶色があれば、ビジネスマンは生きていける。

お姉さんは鏡もありますよと言って、僕に名刺入れを持たせた。アンティークピンクの名刺入れは、僕の着ていたネイビージャケットと絶妙にマッチして見えた。その時、アンティークピンクは既に僕の中で茶色の変化球という形で整理されていた。

ビジネスシーンで冒険を

結局、その日どうしたかと言うと、僕はアンティークピンクの名刺入れを買って帰った。名刺入れでこんなにも胸がときめいたのは、実に久しぶりのことだったからだ。ビジネスシーンであっても、時には冒険が必要だということなのだろう。

今、フェリージの名刺入れは、僕の新しい仲間となって、毎日活躍してくれている。

ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。