ライフスタイル

ブルックスブラザーズの福袋のダッフルコートを4年間着続けた結果

ブルックスブラザーズのダッフルコートが、とうとうダメになってしまった。

2014年の冬から2017年の冬まで、4シーズン活躍してくれたけれど、5シーズン目はさすがに無理だったみたい。

最後に買った福袋はブルックスブラザーズ

僕は、ファッション関係の福袋は買わないことに決めている。

最後に、ファッション関係の福袋を購入したのは、2014年1月が最後。

ブルックスブラザーズが、最後の福袋を発売したときだ。

このとき、福袋の中には、アウターが一着含まれていた。

当時、既に流行が落ち着きつつあった、ショート丈のダッッフルコート

2014年の1月から3月まで、僕はこのダッフルコートを毎日の通勤で愛用した。

ダッフルコートのリコール

2014年の夏、ダッフルコートがリコールされた。

生地から白い糸が出てくる不具合が発生していたらしい。

そういえば、なんだか猫の毛みたいなものが、妙に付着しているなとは思っていたけれど。

2014年の新しい冬が来る前に、新しいダッフルコートは宅急便で送られてきた。

福袋に入っていたものよりは、少し着丈が長くなったみたい。

それでも、正統派のダッフルコートとは呼べない、ハーフコートだった。

新しいダッフルコート

福袋とは言っても、一応はブルックスブラザーズ。

しかも、交換された新しいコートでは、カシミアを使っているという。

落ち着いた雰囲気は、ビジネスユースにはぴったりだった。

もっとも、生地の厚さは、ほどほどのもの。

氷点下の街を歩くために作られたコートではないことは一目瞭然だ。

地下鉄で通勤するに十分な機能が考えられていた、とだけ言っておこうか。

なんだかんだ言って、僕はこの新しいダッフルコートを、2014年の冬から2017年の冬まで、4シーズン続けて愛用した。

毎日の通勤に着用していたから、それなりにヘビロテだったと思う。

あるいは、2018年の冬もイケるかもしれないと、淡い期待を抱いていたんだけど。

ダッフルコートの終焉

劣化は、トグルを留めるナイロン部分に顕著だった。

トグルを留めている部分のナイロン製の皮が、ペロペロと剥がれ始めている

ダッフルコートとの顔とも言うべきセンターで、この傷みはいかにも致命傷だった。

多少の毛玉はできているにしろ、生地には大きな傷みはない。

ダッフルコートとして、経年の味が出てきていると考えることもできる。

5年くらい使い込まなくちゃ、ダッフルコートの良さなんてわかるはずもない(ような気がする)。

村上春樹さんのダッフルコート

僕の敬愛する若き日の村上春樹さんは、同じダッフルコートを13年間も着続けたという。

13年間というと、生まれたての赤ん坊が、中学生になるまでに必要な時間と同じだ。

出産から中学校入学までの年月、同じダッフルコートを着続けていたというのは、今考えてみてもやっぱりすごい。

残念ながら、僕のブルックスブラザーズのダッフルコートは、そこまで耐えることができなかった。

福袋の商品だから、4年も使えば上等と言えば上等なんだけどね。

十分に元を取ってお釣りまでもらえるくらいに、コストパフォーマンスは高かったとは思っている。

それでも、愛用してきたコートがダメになる瞬間というのは、やっぱり切ない。

それが、自分の愛するブランドのコートであればなおさらだ。

好きだった女性と別れなければいけないときみたいな切なさがある。

福袋の価値とは

思うに、福袋の商品というのは、どこかで原価を節約しているはずである。

すべての商品の価値は、価格によって示されているべきだから。

「お値段以上」というのは資本主義社会の幻想だと、僕は思っている。

あのダッフルコートも、トグルを留める部分で、相当の節約がされていたんだろう。

本革を使うことも、丈夫なナイロン素材を使うことも難しかった。

その上で、一番負担のかかる場所であるだけに、劣化が激しく現れたんだと、僕は考えている。

それが、福袋としての限界だったんだろうな。よくやったよ、福袋のダッフルコート。

福袋はもう買わない

この先、僕が福袋を買うことはもうないだろう。

ブルックスブラザーズは、2014年を最後に福袋の発売を終えてしまったからだ。

僕は「最後だから」という理由だけで、ブルックスブラザーズの福袋を買ったにすぎない。

思うに、洋服は、やっぱり福袋で買うべきものではないんだと思う。

自分が納得できる商品を、十分に吟味した上で買うべきだ。

福袋だから、簡単に捨ててしまっても大丈夫という考え方は、あまりにも寂しいし。

「お値段以上」という幻想には取り込まれたくないなあ。

ブルックスブラザーズ
ブルックスブラザーズのボタンダウンシャツで大人の自信を手に入れる一流のビジネスマンを目指したいけど、どこから手を付けて良いか分からない僕は、とりあえずビジネス用のドレスシャツを新しいものにするところか...
ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。