ダ・ヴィンチ「カワイイ文化系女子としたい」永遠保存版の文化系女子特集

昔、心ときめいた言葉のひとつに「文化系女子」というのがあった。

文化系女子。

なんて魅惑的な響きなんだろう。

その「文化系女子」を全面的に特集したのが「ダ・ヴィンチ」2006年4月号。

目次を読んだだけで圧倒される。

カワイイ文化系女子としたい。

文化系女子のいる場所。

コレが文化系女子の生きる道。

文化系女子はメガネが似合う。

文化系女子は笑わない。

文化系女子は時々死にたくなる。

文化系女子は散歩する。

文化系女子は言葉でイク?

文化系女子は図書館が好き。

文化系女子のためのブックガイド。

文化系女子はひとりであそぶ。

文化系女子は太陽がキライ。

まさに、文化系女子のフルコース。

すごすぎる。

「ダ・ヴィンチ」2006年4月号は文化系女子の特集だった 「ダ・ヴィンチ」2006年4月号は文化系女子の特集だった

大体、文化系女子とは何なのか?

なんとなく分かるような気がするけれど、よく分からない。

よく分からないところが、文化系女子だったりする。

「なんとか女子」みたいな言葉が流行したとき、文化的な活動に少しでも関心のある女性をひっくるめて「文化系女子」と呼んだのだろう。

だから、純文学が好きな女子も、美術が好きな女子も、サブカルチャーが好きな女子も、みんなまとめて「文化系女子」に組み入れることができたのだ。

もちろん、この雑誌は「ダ・ヴィンチ」である。

ダ・ヴィンチ的世界にあっては、読書好きの女子こそが、文化系女子の中心にいなければならない。

堀北真希、つまり、文化系女子の過ごす夜をイメージして、豊島ミホが書き下ろしたショートストーリー。

堀北真希が語る文化系女子の香りの秘密。

ミュージシャン・未映子が語る、文化系女子の「死」への想い。

穂村弘と恋愛(セックス?)について語り合う本谷有希子。

ここまで読んでくると、文化系女子のイメージ像が、おぼろげながらにつかめてくる。

「言葉でイカせるしかなかった」のは、穂村弘。

穂村さんは、文化系女子を好きだと思うし、多くの文化系女子は、穂村弘を好きなのだろう(ちなみに、当時の穂村さんは44歳だった)。

僕(ブログの管理人)は、穂村さんに共感できる場面が多いので、穂村さんの気持ちがよく分かるような気がする。

思うに、穂村さんも「文化系女子」という言葉の響きに弱いに違いない。

文化系女子の代表だった?堀北真希さん 文化系女子の代表だった?堀北真希さん

「文化系女子はメガネが似合う」では、メガネの似合う文化系女子が紹介されている。

豊島ミホや本谷有希子と一緒に、「海月書林」の市川慎子さんも登場している。

普通の書店員さんや本屋さんで見かけたメガネ女子に至っては、実にディープ。

このマニアックな特集そのものが、文化系女子の特質そのものなのかもしれない。

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。