ライフスタイル

クールビズをオシャレにまとめる21のポイント(初心者向け)

クールビズはカジュアルダウンが前提のスタイルなので、当たり前だけれど、スーツスタイルよりもジャケパンスタイルの方がハマる。普段着ているスーツからネクタイを外しただけのスタイルは、概ね失敗に終わりがちなので、注意が必要。クールビズを機会にオシャレなビジネスファッションのあり方について考えてみよう。

まずはネイビージャケット

ジャケパン初心者はネイビー色のジャケット(紺ジャケ)をチョイスするのが無難。ビジネススタイルから外れる心配はないし、パンツとのコーディネートで悩む心配も少ない。初めてジャケットを購入するときは無難なネイビーから始めよう。

ジャケットは無地で

ジャケットのデザインにもいろいろあるけれど、初心者は無地が安全。いずれ、チェックやストライプが欲しくなったら、そのときに迷えばいい。個性的なジャケットはおしゃれ感以上に悪目立ちしてしまう危険性あり。

クールビズは生地感にこだわる

クールビズのジャケットは生地にこだわるとおしゃれ感が出る。夏らしい記事、例えば、リネンやシアサッカー、ツイードなどのジャケットは季節感がある上に、生地のニュアンスで表情が生まれるので、柄がなくても意外とオシャレな雰囲気を出せる。初心者のオシャレは柄よりも生地感にこだわろう。

ジャケットとパンツはコントラストで

ジャケットに合わせるパンツは、ジャケットと全然違う色にするとコントラストが際立ってジャケパンらしくなる。例えば、ネイビージャケットにグレーパンツを合わせるのは定番中の定番。グレーの濃淡で色違いのパンツを数枚用意しておくと、コーディネートの幅が広がる。

生地感の違いでニュアンスを出す

ジャケットと近い色のパンツを履く場合は、生地感で差を付けるとジャケパンらしくなる。例えば、ウールパンツにリネンジャケットを合わせたりするなど、生地のニュアンスが異なれば、おしゃれ感はぐっと増す。中途半端なスーツスタイルに間違われないように注意しよう。

ワイシャツは白い無地が基本

クールビズで使うワイシャツは、白い無地のものが基本。ステッチに色を使ったものを選ばないように注意しよう。ステッチに色を使っているものは、ビジネスシーンには似つかわしくないので。

襟型はホライゾンタルカラーシャツ

ワイシャツの襟型はホライゾンタルカラーのものがお勧め。ネクタイを締めていない状態でも、第1ボタンを留めていなくても、首の部分が美しく開いてくれる。ノーネクタイで首の部分が開いていないと見苦しいし、実際に暑苦しいので、クールビズの効果が薄れてしまう。

夏向きの生地を選ぼう

クールビズ用のワイシャツは、春に着ていたワイシャツをそのまま流用するよりも、夏向きの生地を使ったシャツを新たに買った方が快適。最近は非常に機能的な生地を使ったシャツが、いろいろと販売されているので、これを活用しない手はない。

夏でも長袖シャツ

クールビズと言っても、シャツは長袖のものが基本。半袖シャツは子どもみたいで格好良くないから。暑ければ腕まくりをすればいい。

メッシュベルトがオシャレで涼しい

ジャケパンのベルトはメッシュベルトがオシャレ。メッシュの感じが涼しいし、カジュアルダウンの雰囲気を出せる。編み目が大きすぎるとラフになりすぎるので、ビジネスシーンでは編み目の細かいものを使おう。ベルトの色は靴の色に合わせるのが鉄板のお約束。

ローファーで軽快に

ジャケパンの靴はローファーがお勧め。紐の革靴ほど改まっていない割には、ビジネスシーンでもオーケーなので、カジュアルビズにちょうど良い。ローファにも、コインローファー、タッセルローファー、ホースビットローファーなどの種類があるので、いくつかの種類を用意しておくと変化を付けられる。

靴の色は黒と茶で

ローファーの色は黒と茶が基本になる。グレーパンツには黒の靴がマッチするし、ネイビーパンツに茶色の靴を合わせると格好良い。できれば、黒と茶色の両方を用意しておいて、ジャケットやパンツとトータルコーディネートしよう。

靴下で挿し色など

ジャケパンでは靴下が重要なオシャレポイントとなる。スーツスタイルでは、靴下の色はスーツや靴の色に合わせるのが基本だが、ジャケパンスタイルでは、靴下で挿し色をしておしゃれ感を出すことができる。と言ってもビジネスシーンであることを考えて、ベージュやブルーなどの落ち着いた色で遊ぼう。

夏は涼しい靴下を

夏の靴下にも機能的なものが多い。涼しいモノ、蒸れにくいモノ、汗を吸収しやすいモノなど、いろいろあるので、快適な靴下を探してみよう。くれぐれも同じ靴下を通年で履くことのないように注意したい。

トートバッグでリラックス

クールビズのジャケパンスタイルには、ブリーフケースよりもトートバッグが似合う。それもガチガチのレザートートよりは、コットンやリネンを使ったバッグの方がリラックス感があって落ち着く。もちろん、全体がコットンのペラトートではなくて、ベルトにレザーを使ったものなど、大人らしいものを選ぼう。

レザートートは爽やかに

レザーのトートバッグでも、ホワイトレザーなど抜け感のあるものはクールビズにぴったり。レザートートは、爽やかなブルーのレザーなど、夏らしい色のバッグを選ぼう。ただし、レザーのバッグは、値段によっていかにもチープな雰囲気になるので大人は注意が必要。

腕時計はナイロンベルトを

夏は汗をかくので、腕時計は金属ベルトよりもナイロンベルトのものが快適。高級感よりも快適性で選ぶのが、夏の腕時計の醍醐味だ。やたら重厚なものよりも軽快なものを選んだ方が全体のバランスが取れるしオシャレ。

ハンカチで遊び心を

ハンカチは簡単に季節感を主張できるアイテムなので、どんどん利用したい。白色のほか、青や緑色など寒色系のものを中心に、夏らしいアイテムのイラストが入った小紋柄のものも楽しい。ビジネスシーンにちょっと遊び心があると、仕事の能率も上がる。

汗拭き用にタオル地のハンカチを

夏になるとハンカチで汗を拭う場面も増えるけれど、手洗いで使ったハンカチで汗を拭くのは衛生的にも気持ち良いものではない。汗を拭くときは、手洗い用とは別にタオル地のハンカチを用意しておこう。タオル地のハンカチにも夏らしいデザインのものが多いので集めると楽しい。

適度なリラックス感をキープ

クールビズはカジュアルスタイルが前提となるので、ビジネスマンにふさわしいカジュアルスタイル(いわゆるビジカジ)を意識することが成功に繋がる。ビジカジのポイントは適度なリラックス感にあるので、固くなりすぎないよう、砕けすぎないよう、コーディネートを考えよう。

夏のセールでアイテム補充

夏のバーゲンセールは、クールビズに向けたジャケパンアイテムを補充するチャンスだ。クールビズに使えるアイテムは季節モノだけにセールの対象となることが十分に考えられるので、夏のジャケパンスタイルは、バーゲンセールのことも考えながら計画的に準備したい。

https://unsplash.com/
クールビズはジャケパンスタイルでさりげなくイメチェンのチャンスクールビズはジャケパンでクールビズが始まってからビジネススーツを着ていない。ネクタイを締めないスーツスタイルになじめないからだと思う。ス...
ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。