ライフスタイル

クールビズのシャツは白いホリゾンタルカラーがおすすめ

クールビズで能率向上

クールビズの季節になった。
ネクタイを締めないビジネスマンの姿が目に付く。
現代日本の夏の風物詩である。

僕は正直に言って、ネクタイがあまり好きではない。
首回りの窮屈感が、いつまで経っても慣れないのだ。
ネクタイに慣れないうちは、ビジネスマンとしても一流にはなれないような気がする。

そんな自分だから、クールビズの季節はありがたい。
ネクタイを締めないというだけで、仕事の能率が向上するような気がする。
クールビズ万歳だ。

ネクタイ外せばクールビズなの?

もっとも、そんなクールビズの季節になると、毎年必ずとても気になることがある。
それは、我が職場におけるビジネスマンたちのクールビズファッションのことだ。
どうにも普段のスーツスタイルからネクタイを外しただけではないかと思われる社員が多いのだ。

ビジネススーツというのは、ドレスシャツにネクタイを締めて初めて完成する。
ネクタイを結ぶことで、ドレスシャツもビジネススーツも生きてくる。
互いのアイテムが互いに引き立て合うように作られているからだ。

ビジネススーツとドレスシャツからネクタイを取ると、途端に野暮な雰囲気になる。
クールビズの季節には、スーツもドレスシャツもクールビズ用に更新しなければならない。
それは、靴や鞄を夏用に更新するということとも繋がってくる。

クールビズの首元がだらしないと

個人的に一番気になるのは、ネクタイのないシャツの首元である。
第一ボタンが微妙にだらしなく、空いているのか閉じているのか分からない状態の社員が多い。
ネクタイを締めるべきシャツでネクタイを締めていないのだから、当然のことではある。

ネクタイを締めないクールビズでは、首元がすっきりと開いていなければならない。
見た目にもスマートだし、機能的にも涼しい。
通常のシャツをクールビズで着回すのは、もうやめなさいと言いたい。

見た目の印象は、確実に仕事にも影響を与えてくる。
ことビジネスの世界に関して、爽やかな印象は極めて重要である。
爽やかな人間は、それだけで好感度を上げてしまう。

クールビズにはホリゾンタルカラーシャツ

クールビズの季節、僕はホリゾンタルカラーのシャツを愛用している。
ホリゾンタルカラーとは、襟の形がほぼ180度の水平に近い形をしているシャツのことである。
ホリゾンタル(水平) ということだ。

襟が水平なので、第一ボタンを留めない状態でも、首元が美しく開いた状態になる。
まさしくクールビズのためのシャツだという気がする。
そもそもはフォーマルシーンで活躍するシャツらしいが、現代のクールビズスタイルには非常に救世主的なアイテムだと思う。

夏に涼しいイタリアンカラーシャツ

襟の形で言うと、もうひとつ、イタリアンカラーのシャツもお気に入り。
イタリアンカラーとは、台襟がないシャツのこと。
普通のワイシャツで言うところの第一ボタンが最初から付いていないデザインとなっている。

第一ボタンがないから、首元は最初から美しく開く仕様だ。
ドレスシャツとしては非常に涼しいので、夏には重宝することが多い。
ただし、首元が開いているので、ちょいワルなイメージにならないように注意が必要。

シャツは隅々まで真っ白で

襟の形と同じくらいに重要なのが、シャツの色だ。
白シャツのボタンやステッチに黒色を使っているものはいかがなものか。
白シャツは隅々まで真っ白であってほしいと願う。

個人的には、シャツは白色のみで、ストライプなどのデザインも不要。
ただし、織り柄やヘリンボーン柄など、生地感でニュアンスを漂わせるものが好ましい。
シンプルな無地をネクタイなしで着こなすことは、なかなか難しいと感じているから。

ブランドよりもトレンド感

夏のシャツは量販店で5,000円も出せば、それなりのものを手に入れることができる。
5枚あれば月曜日から金曜日までの仕事で十分に間に合う。
安い投資なので、ビジネスマンももっとシャツに関心を持って良いと思う。

ビジネスマンの仕事着は、別にブランドものである必要はない。
ブランドよりもトレンドをしっかりととらえているかどうかを気にした方が良い。
見た目はブランドを物語ってはくれないからだ。

爽やかなビジネスマンを目指そう

お気に入りのシャツを着ていると、気持ち良く仕事を進めることができる。
爽やかなビジネススタイルは、オフィスの雰囲気をも爽やかにしてくれる。
この夏はホリゾンタルカラーシャツで、爽やかなビジネスマンを目指してみよう。

ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。