『こち亀づくし 旅』婦警の水着回と海のバカンスで楽しむ両さんの夏物語

コンビニコミックが登場し始めた頃、正規コミックスを全巻揃えている者にとっては、あまり意味のない存在だと思っていた。

全部のエピソードが手元にあるんだから、わざわざ廉価版で買い直す必要なんかない。

だけど、最近はすっかりとコンビニ本の愛好家である。

理由は、テーマ別の読みやすさだ。

例えば、秋元治『こちら葛飾区亀有公園前派出書』の場合、コミックスの巻数が非常に多い(現在まで201巻)。

夏になって、夏らしいエピソードを読みたいなと思った時、大量のコミックスの中から、夏らしい話だけ拾い読みするのは、意外と疲れるものである。

音楽だったら、自分なりのプレイリストを作ったり削ったりできるけど、漫画の場合はそうはならないから、テーマ別に再編集されたコンビニ本は非常に助かる。

僕の場合、季節に合わせて漫画を読みたいタイプなので、季節別に再編集されたコンビニ本は、購入の可能性が高い。

コミックス全201巻の「こち亀」の中でも、夏休みをテーマにしたエピソードが異常に好きで、これは、僕自身、夏が大好きということもあるし、麗子さんたち美女の水着姿が登場するからということもある(誌面全体で水着回が異常に増える真夏の雑誌は、少年たちにとって待ち遠しい憧れの存在だったのだ)。

婦警さんたちの水着回は少年たちの憧れだった婦警さんたちの水着回は少年たちの憧れだった

その夏休みの物語を一冊にまとめたコンビニコミックが『こち亀づくし 旅』である。

全17編、夏休みのバカンス気分を満喫できるエピソードが厳選収録されている。

大体『こち亀』というのは、夏休みの署員旅行が定番化していて、両さんはじめ、中川さん、麗子さん、大原部長、本田君、ボルボ西郷、左近寺など、いつものメンバーが夏のバカンスを楽しむ話が、ひと夏の間に必ず一回は出てきた

旅行には、マリアちゃんや磯鷲早矢、乙姫菜々などの婦警が同行することも多く、その間、葛飾署の勤務はどうなっているのだろうと思わぬでもないが、非日常的な真夏の旅行は、読者にとって、やはり真夏の大きなお楽しみでもあった。

だから、『こち亀』の夏休みの話をすべてひとつにまとめることは不可能なので、コンビニコミックでは必然的に厳選された作品が収録されているということになる。

「南国タヒチで夏休み!!の巻」「ファヒネ島の休日!!の巻」は、麗子さんのクルーザーに乗って、みんなでタヒチまで船旅をするというスケールの大きな話。

バカンスそのものがテーマになっていて、『こち亀づくし 旅』の冒頭を飾るのにふさわしい物語だ。

船のエピソードということでは、寺井さんがクルーザーのオーナーとなる「海の男!! 寺井巡査の巻」も、僕の好きな話である。

船に対してロケットというのもあって、「両さん月へ行くの巻」では、タイトルどおり、両さんが宇宙旅行をするというダイナミックな話だが、夏感はあまりない。

夏にはやはり夏らしい漫画を読みたいのであって、スイスへ夏スキーに出かける「ローザンヌの休日の巻」、両さんを置いてハワイ旅行に出かけた部長たちを追いかける「ハワイアンパラダイスの巻」などは、しっかり夏休み気分を満喫できる。

海の話がどうしても多いが、山の話としては、軽井沢のコテージへ出かける「林間に燃えた商魂の巻」があるが、残念ながら、これは秋の旅行のお話。

テーマは『こち亀づくし 旅』であって、「夏の旅」ではないのだから仕方ないけど、この季節(2022/07)の発売なんだから、全編夏らしいエピソードでまとめてほしかった。

『こち亀』には夏らしい漫画がたくさんあった『こち亀』には夏らしい漫画がたくさんあった

個人的には、早乙女愛の田舎へ出かける「郷愁(ノスタルジック)の螢小夜曲(ホタルセレナーデ)の巻」(107巻)、民宿&海水浴の「民宿よいとこ一度はおいで!の巻」(112巻)、麗子さんの幼少期の思い出の地を訪ねる「あの夏の思い出…の巻」(122巻)など、大好きなエピソードである(本書には収録されていないのが残念)。

リゾートでバカンスというよりも、「ぼくなつ」的に日本の田舎を訪ねる話の方が好きだということか。

まあ、海外旅行には縁がなく、この夏も自宅で漫画読んでるだけの人間ですからね(笑)

さて、本棚ひっくり返して、『こち亀づくし 旅』に収録されていない両さんの夏物語でも探そうかな。

結論として、コミックス『こち亀づくし』は、『こち亀』再読の呼び水になりそうです。

created by Rinker
¥550
(2022/10/03 17:17:52時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。