ライフスタイル

【コラム】ぶっちゃけ高価な革靴は本当に価値があるのか問題を考える

ファッション雑誌とか読むと、10万円とか平気で超えるような革靴が普通に紹介されていますが、ぶっちゃけ高価な靴というのは、本当にそれだけの価値があるんだろうか?と、多くの普通のサラリーマンの方は考えているのではないでしょうか?

だって、普通のサラリーマンで10万円を超える靴って、、、ですよね(笑)

ということで、今回は高価な靴は本当にそれだけの価値があるのかについて、普通のサラリーマンである栗好きマロンが考えてみました。

10万円オーバーの靴、欲しいけどね、、、

自分史上最高価格のシャンボード7万円

管理人が持っている一番高価な靴はパラブーツのシャンボードです。

大丸百貨店の靴売り場で約7万円で買いました。10万円は超えないけれど、やっぱり高いですよね。普通のサラリーマンに7万円の革靴というのは。

しかも、シャンボードは純粋なビジネス用というよりは、休日のオシャレ用に購入しているので、自分的にはちょっとあり得ない感じです(笑)

シャンボードを買った理由は、休日オシャレ用の革靴が欲しかったからで、J.M.ウエストンのゴルフと迷った末にシャンボードを選びました。

決め手はやっぱり価格ですよね。普通のサラリーマンのお小遣いでJ.M.ウエストンはやっぱり高値の花でした

もっとも、J.M.ウエストンほどではないにしてもシャンボードだって十分に高価です。革靴で5万円を超えたらやっぱり躊躇しますよね。

「高価だから快適すぎる」とは限らないかも

それでも僕はこのシャンボードを2足続けて買いました。最初にマロン(栗色)、次にノワール(黒)。

高価な靴を2足も買った理由は、マロンがあまりにも気に入りすぎて、定番の黒も欲しくなってしまったからです。

最初のマロンを買うときは、こんな高い靴買って大丈夫かな?と半信半疑でしたが、2足目の黒のときは全然躊躇ありませんでした。慣れって怖いですね(笑)

僕がシャンボードを色違いで購入した理由は何か。

もちろん履き心地が良かったとか使いやすかったとかいうことは間違いないんですが、それが7万円に値するものかどうかと訊かれると、ちょっと分かりません、、、

自信を持って「7万円の価値があります」とは言い切れないような気もします。

だって、革靴なんて3万円も出せば、どれもそこそこに履き心地が良いんじゃないかと思えるから。

7万円でなければ体験できない快適さかどうかなんて、少なくとも普通のサラリーマンには分かりません。そもそも、そんなにたくさん靴を持っているわけじゃないし。

高価な靴は「お守り」

それでは、パラブーツのシャンボードを履いていて得られる最大のメリットは一体何か。

それは、靴が好きな人、オシャレが好きな人だということが一目で判別できるということです。

パラブーツさえ履いていれば、ユナイテッドアローズに行っても丁寧な接遇を受けることができるし、よりマニアックで上級者向けの会話を楽しむこともできます。

これはパラブーツを履いてみて初めて理解できたことですが、J.M.ウエストンのゴルフを履いていたら、もっと対応が良くなるのではないでしょうか(笑)

要するに、高価な靴というのは分かりやすいファッションアイコンなんだということです。

特段オシャレに自信がなくても、それなりの場所に行けばそれなりに「オシャレな人認定」をしてくれるし、そういう経験を積むことによって自分自身に自信も付いてきます。

つまり、高価な革靴というのは、自分に自信を与えてくれる「お守り」みたいなものです。

お守りに7万円も出すのかどうかは各自の判断ですが、管理人の栗好きマロンとしては7万円の投資価値はあったと考えています。だからこそ、2足目の黒にも同じような投資をしたわけなんですが。

考えてみると、オシャレなんて完全に自己満足の趣味なんですよね。別に値札をぶら下げて歩いているわけじゃないので、ぶっちゃけ値段なんてどうでもいいんです

シャンボードもセレクトショップに履いていけば分かってもらえるというだけで、自分の会社に履いて行ったってほとんどの人は気づいてくれません。30万円の靴を履いていたってきっと気づいてもらえない。

ただ自分だけが良い革靴を履いているんだという優越感に浸り、ひいては根拠のない自信を持つことができる。

高価な靴は一度履いてみる価値あり

そういう意味で、じゃあ管理人は次に10万円オーバーのJ.M.ウエストンを買うかというと、それはちょっと分かりません…

自分自身はそれほど革靴マニアというわけではないし、自己満足とかファッションアイコンのために10万円を投資できるかというと、うーん(笑)

ただ、僕自身が言えること、それは「高価な靴は一度履いてみる価値はある」ということです。

高価な靴を履いたときの満足感とか優越感とか自信とか、それがどういうものなのかを経験するという意味で、高価な靴は実際に履いてみないとその価値は分かりません

特にオシャレ初心者にとって「高価な靴を履く」という経験は、絶対に意味があるものだと思います。それが「満足」という結果に終わるか、「失望」という結果に終わるかは何とも言えませんが、、、

まとめ

ということで結論です。

・高価な靴は一度は履いてみる価値がある
・高価な靴は自信を与えてくれる
・「高価だから凄い」とは限らないかも、、、

仮に3万円の靴で自信を得られるのだったら、それはそれで「あり」だと思います。

だけど、3万円の靴を履いていることに、もしも引け目を感じているのであれば、それはもっと高価な靴を経験してみるしかありませんよね。

結局趣味なんてそんなものだし、趣味でもないのに10万円オーバーの靴なんて、、、(笑)

参考になれば幸いです!

ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。