高橋留美子「めぞん一刻」謎の未亡人・音無響子さんの怪しい魅力とは

1980年代、僕が一番好きだったのは、高橋留美子の『めぞん一刻』だった。

生涯で、あんなに好きになった漫画は他にない。

なにしろ、多感な十代だったからねー笑

「うる星やつら」から繋がっていた「めぞん一刻」

『めぞん一刻』は、小学館の<ビッグコミックスピリッツ>に連載されていた、高橋留美子のラブコメ漫画である。

連載開始は1980年(昭和55年)、連載終了は1987年(昭和62年)。

『めぞん一刻』の連載が始まったとき、僕は中学一年生で、連載が終わったときは大学二年生だった、ということになる。

ちなみに、昭和55年に浪人生だった五代君は昭和36年生まれで(おそらく)、僕よりも6歳お兄さんだったということになる。響子さんは五代君より2つ年上なので、僕とは8歳違いだった。

『めぞん一刻』は、スピリッツ創刊号から連載されている作品だが、中学一年生だった僕は、もちろん創刊時のスピリッツを知っているわけではない。

きっかけは、同じクラスにいたアニメ・オタクの友人だった。

高橋留美子の『うる星やつら』を愛読していた彼は、新しく始まった高橋留美子の作品がおもしろいと、クラス中に布教していた。

最初のコミックが出たとき、僕は彼にそれを借りて、初めて『めぞん一刻』を読んだ。

新婚時代の響子さんと惣一郎さん新婚時代の響子さんと惣一郎さん

おもしろかった。

すぐに、ビッグコミックスピリッツの定期購読を始めた。

当時、我が家には、戸別訪問の本屋さんが出入りしていて、母親と一緒に僕も、雑誌を配達してもらっていた。

僕が定期購読していたのは、『週刊プロレス』と『コロコロコミック』で、そこに『ビッグコミックスピリッツ』が加わった。

『めぞん一刻』はクラスの友人たちの間で爆発的な人気を博し、<響子さん>は、僕たちのアイドルとなっていた。

「美しき未亡人」という設定こそが、響子さん最大の魅力だった

長く連載が続いた『めぞん一刻』だが、本当におもしろかったのは、やはり、連載初期だったと思う。

五代君が<浪人さん>と呼ばれていた浪人時代から大学生なったあたりまで。

長い連載の中では、本当に初期に属するものだが、<三鷹さん>も<こずえちゃん>も登場する前で、純粋に五代君と響子さんの微妙な関係だけを楽しむことができた。

三鷹さんとこずえちゃんが加わった後の「健全な四角関係」が、『めぞん一刻』のベースになっていくのだが、連載が長期化すると、どうしても登場人物が増えていく。

<八神>とか<明日菜さん>とかが絡み始めるようになると、筋が散漫になるような気がして、あまりストーリーに熱中できなかった。

五代君と響子さんの二人が結婚を意識し始めた終盤は、いかにも長期連載のソフトランディングを計算しているようで、連載初期とは別物の漫画という気がした。

「美しき未亡人」という設定が、響子さん最大の魅力だった「美しき未亡人」という設定が、響子さん最大の魅力だった

五代君や響子さんが年を取っていくのと同じように、僕自身も成長していたから、大学生になった後は、あまり漫画に熱中できなくなっていたのかもしれない。

相変わらずスピリッツは毎週買っていたし、コミックも最終巻まで集めたけれど、最後のあたりは、ほとんど惰性になっていたような気がする。

『めぞん一刻』は、やはり<一刻館>の住民たちとの日常が楽しい。

<一の瀬さん><四谷さん><朱美さん>という初期のレギュラーメンバーには、やはり深い愛着があるし、<茶々丸のマスター>やいとこの<郁子ちゃん><惣一郎さんのお父さん><犬の惣一郎さん>など、個性豊かなキャラクターが、連載初期の頃から揃っている。

つまり、役者は最初から揃っていたのだ。

なにより、『めぞん一刻』は、響子さんの死んだ夫<惣一郎さん>と、五代君との戦いであって、お金持ちの三鷹さんは、しょせん、五代君のライバルではなかった。

「美しき未亡人」という設定こそが、響子さん最大の魅力であって、「未亡人」のイメージが薄れていく中で、本来の響子さんが持っていた、怪しげで謎の魅力が失われてしまったことは否めないだろう。

響子さんは、別に再婚なんかしなくたって良かったんだよなあ(五代君が報われないか笑)

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。