ライフスタイル

下戸のための「宴会における上手な酒の断り方」

僕は完全な下戸なので、酒席でも酒を飲むことがない。酒の訓練を止めてからというもの、むしろ、酒席で酒を飲まないスキルが身に付いてしまった。

今回は、酒席での酒の断り方の秘訣について書いてみたい。若き下戸ビジネスマンの参考になれば幸いである。

「酒は全然ダメなんですよ~」

最もシンプルな方法は、自分は酒はまったく飲まないということを宣言する方法で、下戸にとって基本中の基本のテクニックである。ただし、内輪の飲み会であればともかく、改まった席で酒を断ることは、なかなか強いメンタルを必要とする。

下戸宣言のコツは明るく爽やかに「あ、自分、酒はダメなんですよ~」と軽く流してしまうこと。

酒を飲まないことを、重く考えすぎてしまうと、場の空気が重くなってしまうし、酒飲みの人たちがしらけてしまうことにも繋がりかねない。

大切なことはムードなので、下戸でも明るい雰囲気で酒席を盛り上げることは、全然可能だ。酒癖の悪い酒飲みに比べれば、ずっとタチが良いと思う。

僕の同僚に、やっぱり全然酒を飲まない人がいて、酒席でも「酒を飲む意味なんて分からない」と憮然と言い放ったりしているけれども、酒を飲む飲まないにかかわらず、良い年をした大人の人間としては、場の空気を考えて発言すべきだと思う。酒を飲む飲まないは本人の自由なんだから、別に互いを非難する必要はない。

ポイントは、酒がダメな理由について、細かく解説する必要はないということ。「あ、酒ダメなんですよ」と言っておくだけで、どうして酒がダメなのか、先方は先方で勝手に読み取ってくれる。

あるいは、今夜だけが特別の事情で飲まないのだと考えるかもしれないし、何か触れがたい事情があると思うかもしれない。気になったら先方から訊ねてくるはずなので、「酒を飲まない」ということに関する話題は、できるだけ長引かないように、あっさりと流すこと。

「まだ仕事があるんですよ~」

その場限りの人たちであれば、わざわざ自分が下戸だと宣言する意味もないから、「まだ仕事を残してきちゃって」とか、仕事を言い訳に使って飲まなければいい。

少し変化球にするときは、「この後、呼び出しがあるのかもしれないので」などと言って、まだ仕事が続いているかのような雰囲気を醸し出すテクニックもある。

中には、本当に酒席の後で会社に戻って仕事をする人たちもいるから、日本人はすごいなあと感服してしまう。

「今夜は自動車で来ていまして」

飲酒運転に厳しい時代、自動車で来ている人に飲酒を強要する人間は存在しない。仮に、そういう場合があれば、それは違法行為だということを教えてあげよう。

自動車で来ていない場合でも、「この後、母の介護のために運転する用事がありまして」などと、家族をダシにして断る方法もある。毎度毎度、家族をダシに使っておけば、「あいつは家族の世話があるから」ということで、いずれ周りもあきらめてしまうだろう。

「ドクターストップで」

医者に酒を止められていれば、無理に酒を飲む必要もない。ただし、「断酒を求められるほど健康状態が良くないやつ」という評価に繋がる可能性があるので、無闇に医者をダシに使うことは避けた方が賢明。

深い付き合いのない人たちとの飲み会であれば、「今日はちょっと体調が、ごにょごにょ」みたいな感じで、軽く流してしまうことができる。

「いやあ、今ちょっと、、、」

何だかよく分からないけれども「いやあ、今ちょっとね、、、」とか言いながらウーロン茶を注文しているパターン。

大人な人たちは、何か特殊事情があるんだろうと気遣ってくれるはずだが、「どうしたんですか」「何かあったんですか?」など、余計な深掘りに繋がる危険性あり。

コミュニケーションが目的

酒席の目的はコミュニケーションを取ることだということを、何より意識しよう。コミュ力の高い下戸の人は、酔っ払い以上に場を盛り上げて、酒を飲んでいないことさえ気付かれていない場合がある。

僕でさえ、何年も酒席をともにしている人から「あれ、今日は飲まないんですか?」なんて言われることが何度もあって、つまり、酒飲みというのは他人のことなんて全然気にしていないんだなあということを経験的に悟ってしまった。

酒飲みは「いかに自分が楽しい酒を飲むことができるか?」ということが問題なのであって、他人が何を飲んでいようがかまっちゃいないのだ。

下戸は下戸なりに楽しく酒席で盛り上がろう。

https://unsplash.com/
下戸を嘆くよりも、下戸を前向きにとらえて、スキルアップを図ろう下戸の一族 僕はお酒がまったく飲めない下戸である。 僕の父母はもちろん、父方母方双方の祖父母もまったくの下戸。 血縁者の中に酒飲み...
ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。