ライフスタイル

大人になったら夏のバーゲンセールで無駄遣いをしないスキルを身に付けよう

人はどうしてセールで買い物をするのか

7月に入って夏のバーゲンセールが始まった。セール期間中は、どこのブランドもセールだセールだと騒ぎ立てて毎日のようにメール配信が届くので、ついつい必要のないものまで買ったりして、無駄遣いをしてしまいがちである、今回は、セールで無駄遣いをしないコツを考えてみたい。

人間の買い物の動機には、大きく分けるとふたつある。ひとつは、モノが必要な状況にある場合で、もうひとつは、モノが欲しいと思う場合である。セールで買い物をするときは、どうして自分はセールで買い物をするのかという理由を、しっかりと確認しておくと無駄遣いすることがなくなる。

必要なものをセールで買おう

まず、モノが必要な状況にある場合について考えてみよう。 モノが必要な状況にある場合とは、要するにシャツが足りないとか、鞄が壊れたとか、パンツのサイズが合わなくなってしまったとか、買い物をしなければ生活や仕事に支障を来すような場合のことである。

こういう場合は買い物せざるを得ない状況なので、当然に買い物をするべきである。むしろ、セール期間中に、このような買い物をすることは賢い選択であるとも言える。

人気ブランドの限定品とか相場よりもずっと格安の商品とかではない限り、セール前に慌てて買い物をしなくても、セールで十分に必要な買い物をできる場合が多い。

特に夏物の場合は、夏のセールが始まってから買い物をしても、実際の夏には十分に間に合うので、夏物をセールで買うことは正解だと言える(冬のセールは1月なので、冬物を購入する時期としては少し遅すぎる)。

だから、何か必要なものが不足している場合には、セール期間までなんとか我慢して(あるいはセールで買うべきものをいろいろと下調べしておきながら)セールが始まった瞬間にさっさと必要なモノをセール価格で購入してしまうという方法が、無駄遣いには繋がらない。

「安いから」は買い物の理由にならない

微妙なのは、シャツ3枚を一週間で着回している場合のように、足りないとまでは言えないけれど、十分とも言えないような場合である。あと2枚あれば、日替わりで一週間を乗り切ることができると考えると、セール期間中で2枚を買い足すことは、決して悪くない買い物ということになる。

ただし、現実的に3枚で問題ないという状況であれば、2枚の買い足しは無駄遣いともなりかねないので、この辺りは注意が必要。

失敗につながりやすいのは、今すぐ必要というわけではないけれど、セールで安いからとりあえず買っておこうという買い物の仕方。セールでとりあえず買ったアイテムというのは、登場回数が低くなる可能性が高いので、慎重に買い物をすべきだ。

セールアイテムは安いモノが多いから、ついつい無駄なものをあれこれ買ってしまいがちだが、その予算で本当に必要なものをひとつ買う習慣を付けた方がいい。

一番賢いのは、常に必要なもので満たされている状況をキープしておくことである。足りなくなったものは直ちに補充するという習慣を付けておくと、セールだからと言ってバタバタしない。

なにしろ、モノが満ち足りた状態にあるので、あれこれセール製品を物色する必要性もないというものだ。

大人になったら「本当に欲しいものだけ」を

次に、モノが不足しているわけではないけれど、とにかく新しいモノが欲しくなってしまう場合について。

物欲は人間の性みたいなところがあるから、無理をしてまで買い物を我慢する必要はないと、僕は考えている。ギャンブルや風俗店で浪費するよりは、よほど健康的だし、無駄遣いの被害も少ない。それでも、モノに対する考え方を見直すことで、余計な買い物を減らすことは可能だ。

たくさんのセール品に囲まれた人生よりも、厳選されたアイテムだけを大切に使い続けていくという人生の方が、ずっと深みがあるし、充実感も高い。

お金持ちの人だったら、たくさんの高級品に囲まれた人生という選択肢もあるのだろうけれど、こういう人たちには、そもそも無駄遣いという概念もないだろうから、議論の対象からは除外しておく。そもそも、お金持ちだったらバーゲンセールなんかで騒いだりするはずもないのだ。

大体セールで買い物をすると、モノを見る目が必ず甘くなる。割引率に惹かれて合格ラインがいつもよりも低くなるから、普段であれば欲しいと思わないようなアイテムまで購入してしまいかねない。「安いから」という動機で買ったファッションアイテムは、事故物件になってしまう可能性大である。

大人になったら、本当に欲しいものだけを身に付ける習慣をつけよう。お金が足りなかったら貯金をしてお金を作ってから買い物をすればいい。本当に欲しいもの以外は買わないという習慣を身に付けると、無駄遣いをすることはなくなるし、無駄なモノに囲まれた人生を送ることもなくなる。

セールは夏の風物詩。みんなと一緒に踊りたくなる気持ちは分かるけれど、みんなとは違う空間に本当の幸せがあるかもしれない。そんなふうに考えることができると、新しい大人のライフスタイルというやつも見つかるのではないだろうか。

ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。