音楽

『sion 10 video』デビュー10周年記念ビデオと名曲「12号室」

美容室で髪を切りながら(切ってもらいながら)、雑誌「Fine(ファイン)」を読んでいたら、SIONの「12号室」という曲が紹介されていた。

お洒落なファッション雑誌で(懐かしい)SIONに遭遇。

ちょっとびっくりしますよ。

「心に響いた歌詞の世界」にTOSHI-LOWが登場

問題の記事は「ファイン」2022年3月号「どうしても履きたいスニーカーがある!」という号に掲載されている。

Fine(ファイン)」2022年3月号「心に響いた歌詞の世界」Fine(ファイン)」2022年3月号「心に響いた歌詞の世界」

それは「心に響いた歌詞の世界」というコーナーで、人生の中で心に響いた歌詞についてゲストが語り尽す、という連載企画だ。

今号のゲストは、BRAHAMAN、OAUのTOSHI-LOW。

そのTOSHI-LOWが選んだ歌詞のひとつが、SIONの「12号室」という曲だった。

障害者施設の頃を歌った SION「12号室」

SIONは、幼い頃に小児麻痺で右手が動かなくなってしまい、8歳のとき、無理やり小学校から障害者の施設へ入れられた、という体験を持つ。

そこは動物園だった
みんな変な形をしていた
仲間ですよと紹介された
こんがらがって涙が出てきた
こんな変なやつらの仲間でも友だちでもないと

SION「12号室」

あまりの動揺で食事も食べられなくなったSION少年は、病室のベッドの中でふさぎこむ日々が続いていた。

そんなある日、誰かがベッドの中に手紙を突っ込んでいった。

それが「彼女」だった。

SIONのオリジナル・アルバムのCDが復刻されていた頃SIONのオリジナル・アルバムのCDが復刻されていた頃

「彼女は美しかった」と、SIONは何度も何度も繰り返して歌う。

彼女は美しかった
真っ白な顔をしてた
きれいな髪をしてた
声もやわらかだった
彼女の室はいつも花の香りがした
いい香りがした
ものすごくあたたかだった
彼女はすべてを持ってた
白く長いはずの二本の足を除けば

SION「12号室」

「12号室にいた優しいお姉さんは、誰よりもきれいだったんだけどな、トシロウ」と、SIONが言った。

「足がねえんだよ」

つまり、この歌は、まるっきりの実話を歌っているということだ。

♪今日からまた仲間ですと、先生が俺を紹介した~

僕が、この歌を知ったのは、もう大学を卒業してからのことではなかっただろうか。

作品自体は、1990年2月21日発売の5枚目のアルバム『夜しか泳げない』に収録されているから、そのとき僕は大学四年生で、もうすぐ大学を卒業しようとしたときということになる。

『夜しか泳げない』というアルバムの中で、「12号室」は圧倒的に光っていた。

当時の日本のロックシーンの中で、ここまで正面から障害者について歌った作品があったのだろうか。

しかも、SIONは社会的な(第三者的な)立場からではなく、当事者としての立場から、障害者施設の中で生きる人々について歌っていた。

「SION 10 VIDEO」より、デビュー10周年の頃のSION「sion 10 video」より、デビュー10周年の頃のSION

突然、小学校から障害者施設へ移される。

少年にとっては、そこは動物園だった。

「こんな変なやつらの仲間でも友だちでもない」

だけど、きれいなお姉さんとの交際をきっかけに、少年は施設で暮らす人々と仲良しになっていく。

友だちができて、仲間もできた。

そして、ある日突然に、少年は小学校へ移される。

来たときと同じように、それはまったく突然に。

あの頃、僕はこの曲の中で、「♪今日からまた仲間ですと、先生が俺を紹介した~」とSIONが歌うフレーズが切なくて仕方がなかった。

無力感の中をさまよっている少年の孤独が、ひしひしと伝わってくるからだ。

デビュー10周年記念のビデオ『sion 10 video』

美容室から帰って、久しぶりに僕はSIONを聴こうと思った。

CDが並んでいる棚の中に『sion 10 video』を見つけた。

オリジナルは、1994年に発売されたデビュー10周年記念の映像ビデオで、2004年になってDVD化されたものだ。

1994年に発売されたデビュー10周年記念ビデオ「sion 10 video」1994年に発売されたデビュー10周年記念ビデオ「sion 10 video」

最近のライブ(と言っても1994年)と昔のライブが行ったり来たりしている。

その頃はSIONも、まさか自分が2022年まで現役で歌っているかどうかなんて、想像したことさえなかっただろう(笑)

まあ、それは僕自身も同じことだ。

20代の若者は誰だって、50代になった自分の姿を想像したりなんかしない。

問題の「12号室」は、8曲目に入っていた。

おまけ

ちなみに、僕の嫁は今もSIONのツイッターをフォローしていて、時々、僕にSIONの近況を報告してくれます。

created by Rinker
¥2,000
(2022/10/02 21:25:39時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。