本・雑誌

「GQ JAPAN」付録~メゾン・キツネのデザインによるスターバックスカード

ファッション・ブランドのメゾン・キツネが、スターバックスコーヒーとコラボしたことがある。

おしゃれなスタバとおしゃれなキツネ。

こんなコラボがあるから人生は楽しいのだ。

メゾン・キツネのデザインによるスターバックスカード

メゾン・キツネのデザインによるスターバックスカード。

ファッション雑誌「GQ JAPAN」2015年9月号の付録として製作されたものだ。

もともと「GQ JAPAN」はスタバと良好な関係にあった。

2014年1月号では「トム ブラウン ニューヨーク」とコラボしたスタバカードの付録で、大きな話題を読んだ。

キツネとのコラボは、その「GQ JAPAN」が提供するスタバカードの第2弾だった。

それにしても、スタバとキツネとのコラボは強烈だったな。

「GQ JAPAN」2015年1月号<キツネがスタバに恋をした>「GQ JAPAN」2015年1月号<キツネがスタバに恋をした>

トム ブラウン ニューヨーク にしてもメゾン・キツネにしても、コラボの組み合わせがいい。

いずれも、ベタベタ大人気のブランドというよりも、ちょっとマニアックな香りのするブランドである。

全国のアウトレットモールにストアがあるような有名ブランドとは少し違う。

感度の高い人たちが、どこからか匂いを嗅ぎ分けて集まってくるような、そんな不思議な魅力があった。

知名度で言えば、日本中のイオンにまで店舗を持つスターバックスコーヒーとは、相手にならないだろう(たとえ、トム ブラウン ニューヨーク であっても同じことだ)。

しかしながら、このスタバカードの魅力は、間違いなく「メゾン・キツネ」にある。

メゾン・キツネがスターバックスコーヒーとコラボしているからこそ、「GQ JAPAN」のこの付録には意味があったのだ。

トリコロールカラーとトラッドをベースにしたコレクション

上質な素材にパリの洗練された美意識をかけあわせたブランド。

「GQ JAPAN」の中で、メゾン・キツネはそんな言葉で紹介されている。

トリコロールカラーとトラッドをベースにしたコレクションは、「ニュークラシック」と呼ぶ若々しいフレンチ・エスプリを注ぎ込んだもの。

そのフレッシュなスタンダード感覚ゆえに人気を博している。

なるほどね。

僕も、あのトリコロールのキツネのアイコンが好きだった。

Tシャツにもカーディガンにも、左胸にはいつだってトリコロールのキツネがいた。

パリのランドマークを詰め込んだデザイン

付録のカードはとても小さなものだ。

通常のスターバックスカードに比べて、いかにも付録感がある。

そして、この小さなカードの中に、メゾン・キツネの世界観が溢れていた。

メゾン・キツネのデザインによるスターバックスカードメゾン・キツネのデザインによるスターバックスカード

カードに使用されているプリント柄は、パリのランドマークを詰め込んだデザイン。

メゾン・キツネで、2015年の春夏コレクションからスタートしていたデザインだ。

ゴージャスのようでいて爽やか、おとなしいように見えて華やか。

品の良い感じ。

ひと言で言って、そんな雰囲気が、このスタバカードにはある。

スタバカードでスマートなコーヒーライフを飾る

発売日を心待ちにして買った「GQ JAPAN」付録のスタバカード。

それは、今も雑誌の中で、大切に仕舞い込まれている。

おかしいな。

僕たちは、このスタバカードを使って、スマートなコーヒーライフを飾るはずだったんじゃないのか。

確かにそう思っていた。

実物をこの目で見てみるまでは。

だって、あまりにも小さくて、あまりにも付録然としていて。

これをスタバのカウンターで出すのか?

「GQ JAPAN」を買った僕が来ましたよ、って言いながら?

まさか。

そう考えると勇気が出なかった。

付録は付録のままで、夢は夢のままで、しまっておいた方がいい。

あれから7年の時が過ぎた。

みんな、このカードの存在を忘れてしまった今なら。

このカードを持って、スタバまで行くことができるかもしれないな。

7年前の付録のカードを、今も使うことができるのならね。

ABOUT ME
kels
ちょっと懐かしい本や雑誌、CDの感想を書いています。好きな言葉は「広く浅く」。ブックオフが憩いの場所です。