ライフスタイル

阪神タイガース「鳥谷敬問題」から考える選手起用のあり方について

虎党と鳥谷敬

阪神タイガースが好きだ。少年野球をしていた頃から、阪神タイガースのファンだった。関西で生まれ育ったわけでもないのに不思議なものだと思う。

その自分が、ここ数年は阪神タイガースの試合を満足に観ていない。鳥谷敬の活躍する場面がめっきりと減ってしまったからだ。自分は、鳥谷敬の姿を見るために、阪神タイガースの試合を観戦していたのだ。

考えてみると、鳥谷敬がデビューして以降、僕の関心は常に鳥谷敬にあったような気がする。鳥谷敬の成長を、自分の成長と重ね合わせている自分が、いつだってどこかにいた。鳥谷敬から得られた勇気と励ましは、言葉で言い表せるものではない。

金本監督が就任して、鳥谷敬の出場機会は大きく減った。監督の戦略的な起用法の話なので、やむを得ないことだと自分を納得させた。ただ、阪神タイガースの試合を観る機会が少なくなったというだけの話だ。

そんな僕でも、最近は鳥谷敬の名前を目にする機会が増えている。ツイッターのトレンドワードで、鳥谷敬の名前が頻繁に登場しているからだ。理由はもちろん、僕にも分かっていた。

矢野監督の起用方針

先にも述べたように、選手の起用法は監督の方針の問題である。監督に指名された選手は、期待に応えるべく結果を出さなければならない。今の鳥谷敬は、期待に応える結果を出すことができないでいる。

問題は、成果の出ない選手を使い続ける矢野監督の方針である。あるいは、成果の出ない選手を一軍に登録し続ける矢野監督の方針である。今季ここまで、鳥谷敬の成績は、明らかに一軍選手として満足できる成績ではない。

選手が出場機会を求めてアピールするのは当たり前のことだ。試合に出たいと主張しなくて、どうしてプロ野球選手だと言えるだろう? 選手は引退の直前まで試合に出場することを求めるべきである。

一方で、選手の様子を見ながら起用するかどうかの判断をするのは監督の仕事である。起用法には、きっといろいろな考え方があるのだろう。素人の僕が、矢野監督の起用法について、あれこれ詮索することは適当ではない。

大切なことは、選手は自分の判断で試合に出場したり欠場したりしているのではないということだ。成果が出ないことは、明らかに鳥谷敬自身の問題である。けれども、成果の出ない選手を使い続けることは、まさしく監督の問題なのだ。

社員登用のあり方

これは、ビジネス組織における社員登用のあり方と非常に良く似ている。どの人材を、どのタイミングで登用するか、すべては上層部の判断だ。判断を誤れば、組織全体のモチベーションに与える影響も大きい。

ベテランを重宝する場面もあれば、思い切って若手に賭ける場面もあるだろう。組織としてのミッションを達成することができるかどうか。管理職の力は、まさしくここで試されている。

日本の管理職は、今こそ矢野監督の起用方法について、真剣に考えてみるべきだと思う。テーマは「成果の出ないベテラン選手の起用方法のあり方について」。管理職の人間として、そこから学ぶべきものは少なくないと、僕は思う。

鳥谷敬の引退

鳥谷敬は今シーズン限りできっと引退するだろう。どんな野球選手にも潮時というものがある。鳥谷敬にとって、たまたまそれが今年だったというだけのことだ。

ただし、鳥谷敬の引退を早めることになったきっかけとして、金本監督の名前は永遠に付きまとい続けるだろう。鳥谷敬の選手生命以上に、金本監督には守るべき大切なものがあった。それが正解だったかどうかを評価するのは、鳥谷敬が引退した後の私たちである。

つくづく管理職というのは難しい職務だと思う。まして、人事異動を担当する人間であればなおさらだ。人事異動は社員を生かしも殺しもする。

矢野監督の起用方針をひとつのケースワークとして、自分の人事方針に誤りはないかどうか振り返ってみてはいかがだろうか。

ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。