ライフスタイル

ユニクロユーで「タートルネックTシャツ(長袖)」を買ってきた

こんにちは。

今回はユニクロで買ってきたユニクロユーの「タートルネックT(長袖)」をご紹介します。

これからの季節、タートルネックは大活躍ですよね!

フレンチカジュアルはユニクロユーから始めよう

ユニクロユーは、クリストフ・ルメールがアーティスティックディレクターを務めるユニクロの高級ラインです。

ルメールはフランスのフッションブランド「クリストフ・ルメール」のデザイナーで、ベーシックながらトレンドを意識したタイムレスなデザインが特徴なんだそうです。

つまり、シンプルなフレンチカジュアルにぴったりなデザインのものが豊富、ということですよね。

そのルメールがユニクロとコラボしたのが「ユニクロユー」なので、もともとベーシックなアイテムが得意なユニクロが、フランス流に洗練されてバージョンアップされているというわけです。

しかも、ルメールデザインと言っても発売元はユニクロですから商品価格は超お得(コスパ高いです!)

フレンチカジュアル好きな人は、まずユニクロユーから始めよと言ってもいいくらいにお勧めのブランドが「ユニクロユー」なのです。

 

Sサイズは発売日に買おう

このユニクロユーのアイテムは、毎年春と秋に新作が発表されます。

もちろん大人気ブランドなので、注目アイテムはできるだけ早い時期に買うことをお勧めします。

ということで、管理人もユニクロの公式サイトでこれは欲しいなあと思えるアイテムをあらかじめチェックしておき、発売日の夜、ユニクロユーのアイテムをフルラインナップで揃えている大型店まで行ってきました。

時間がないので、お店に入るなりスタッフのお兄さんに「今日発売のユーのタートルネックTはどこ?」と訊ねて、売り場まで案内してもらいます。

ユニクロの大規模店ってアイテムを探すのが大変ですよね。

カテゴリ別に並んでいるわけでもなくて、いつも迷子になっちゃうからスタッフに案内してもらうのが一番効率的♪

入店1分後にはお目当てのタートルネックTの売り場に到着、事前にチェックしていたブラウンカラーを早速ゲットです!

と思ったら、マイサイズの「Sサイズ」がない!

今年っぽいブラウンは人気だと思ってはいたものの、まさか発売日当日に完売してしまうとは…(別に珍しくないんですが)。

人気商品は地方で買おう

狙っていたアイテムはユニクロ公式のオンラインではまだ在庫があったので、まあ、オンラインで買えばいいやと思っていたとき、とある地方都市への出張が入りました。

人口30万人の小さな街ですが、調べてみたところユニクロ店舗がいくつかあるみたいです。

もしかすると、地方都市だったらユニクロユー人気も落ち着いているのではないかと考え、仕事の合間を縫ってユニクロへ。

昼休みの時間帯でしたが、店内はそこそこにお客さんが入っています。

地方でもユニクロ人気は安定なんですね。

大型店と違って商品を探しやすいのが小規模店の良いところ(苦笑)

今度は自分で売り場を見つけて、お目当てのタートルネックTのブラウンを発見、そしてありました!

ラスイチの「Sサイズ」!

フルラインナップ店ではないので、アイテムの取扱いそのものがないかもしれないという不安もありましたが、Tシャツのような価格の安い商品は、きっと多くの店舗で扱っているだろうと思いました(笑)

ユニクロユーのタートルネックT(長袖)

ということで、わざわざ地方都市まで行って(出張ですが)探し当ててきたユニクロユーの「タートルネックT(長袖)」です。

秋には定番のブラウンカラーですが、特に今年のトレンドカラーは少し赤みが強いブラウンで、これはまさに栗色(マロン)では?(笑)

管理人はハンドルネームにするくらいマロン(栗色)が好きなので、このアイテムは絶対に欲しいと思ったんですよね。

タートルネックだけどニットではなくてTシャツなので秋から活躍するし、冬は厚手のアウターの中に着込めば充分にイケます

上質素材のエクストラファインコットンで高密度に織られているのでかなりしっかりとしている感じです。

お気に入りアイテムは長く使いたいので、耐久性も大事ですよね。

同じブラウン系のコーデュロイパンツと合わせてざっくりと着たいですね。

まとめ

それでは、今回のまとめです。

・Sサイズは発売日当日に買おう
・人気商品は地方の小規模店が狙い目
・今年の秋は栗色(マロン)に注目

ユニクロユーはシンプルだけどオシャレ見えするので、本当にお勧めですよ。

参考になれば幸いです!

ABOUT ME
KONTA
1967年生まれのバブル世代。80年代カルチャーしか勝たん。推しは仙道敦子。匂いガラスが欲しい。