沼田元氣「ぼくの伯父さんの東京案内」中年という時間の生き方入門書

ゼロ年代の頃、僕が特に大きな影響を受けた作家の一人が、沼田元気だった。

たくさんの著作があるヌマ伯父さんだが、最大のお気に入りは「ぼくの伯父さんの東京案内」(2000年、求龍堂)である。

created by Rinker
¥1,980
(2022/11/25 23:56:46時点 Amazon調べ-詳細)

人生で一番長く、そして楽しい、中年という時間の伯父さん的生き方入門書

「東京案内」だからガイドブックみたいなものをイメージすると、これがまったく違う。

表紙のキャッチコピーをじっくり読むと「人生の嗜好帖・生活の童話!」「だれにも迷惑かけずにわがままに生きるには」などのフレーズがある。

さらに、まるで詩のようなこんな文章も。

もう若くはないが
老人になるには少し間がある
まだ一寸欲望も残っており
幸いそれをコントロールする力もある
人生で一番長く、そして楽しい
中年という時間の
伯父さん的生き方入門書

そう、つまり、本書は東京案内のガイドブックなどではない。

東京という大都会で生きる一人の中年男性をロールモデルとして描く<中年という時間の伯父さん的生き方入門書>なのだ。

沼田元気的ライフスタイルを提案する「ぼくの伯父さんの東京案内」沼田元気的ライフスタイルを提案する「ぼくの伯父さんの東京案内」

最近の言葉で言うと、ライフスタイル。

誰にも迷惑をかけないで自由に生きる方法のヒントが、この本の中にはある。

それは、もちろん、人生を楽しく過ごすことのヒントでもある。

そして、僕は、この本のおかげで、30代から40代にかけての中年という時代を、実に楽しく生きることができた。

「人生」イコール「趣味」であるという伯父さんの生き方において、一般的な趣味をもつということは稀だ。

特別の提案があるわけではない。

「人生の嗜好帖」という言葉があるとおり、自分の好きなことをして生きる。

伯父さん的生き方の基本は、たった、それだけだ。

長屋で暮らす。

妄想旅行を楽しむ。

路線バスに乗って、東京都内を散策する。

遊園地に行って一人で遊ぶ。

大衆食堂で食事をする。

商店街で買い物をする。

時には、東京都内の旅館に泊まってみる。

「ぼくの伯父さんの東京案内」特装本の案内「ぼくの伯父さんの東京案内」特装本の案内

古本屋で古本を買う。

喫茶店でコーヒーを飲む。

水族館へ行って一人でブラブラする。

すべてが日常生活であって、すべてが人生の楽しみである。

それが、沼田元気が提案する<伯父さん的ライフスタイル>だ。

「人生」イコール「趣味」であるという伯父さんの生き方において、一般的な趣味をもつということは稀だ。つまり好きなことや楽しいこと、そのほとんど全てを仕事にしてしまうので、趣味それ自体が生きる目的となってしまい、人生イコール趣味だなんてのたまうのである。(沼田元氣「ぼくの伯父さんの東京案内」)

自分の好きなこと(趣味)を仕事にしている人は、あるいは、それほど少なくはないかもしれない。

だけど、仕事以上に趣味を優先するような生き方をしている人は、そんなに多くはないのではないだろうか。

なぜなら、仕事とは多かれ少なかれ、自分の中の何かを犠牲にすることで成り立っているからだ。

自分の好きなことを、自分な好きなようにやって、それを仕事にできている人というのは、おそらく稀で、よほど幸運な人だと思う。

一冊まるごとが、沼田元氣的ライフスタイルの教科書だ

本書に登場する<伯父さん>は、そんな稀な人間の一人だけど、自由に生きている代わりに、安定した生活を手にすることはできない。

「自由に生きること」と「安定した生活」とは、基本的に相反する存在となるからだ。

安定した生活がないからこそ、自由に生きていけるという言い方もある。

すべてのページに、自由な生き方について書かれたヌマ伯父さんの文章があり、おそらくは<オリンパスペンF>で撮影したと思われる、ヌマ伯父さんの写真が掲載されている。

一冊まるごとが、沼田元氣的ライフスタイルの教科書だ。

この本から、僕は何を学ぶことができたのだろうか。

その答えは、あまりに多すぎる。

created by Rinker
¥1,980
(2022/11/25 23:56:46時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。