音楽

「ボニータ!ボサノヴァ」カフェブームから生まれたオシャレな名盤コンピCD

2000年代の最初の頃に、ボサノヴァ・ブームみたいのがありました。

理由はカフェがブームになっていたから?

今回は、2000年代の「ボサノヴァ・ブーム」について紹介してみようと思います。

ゼロ年代のカフェブーム

現在のカフェブームの源流は、1990年代中頃から始まったと言われています。

スタバの日本上陸が1995年なので、なんとなく、その頃から、従来の喫茶店文化ではないカフェ文化が、日本に根付き始めたんだと思います。

2000年代に入る頃には、個性的でオシャレなカフェが数多く誕生し、「カフェブーム」なるものが到来していました。

仕事途中のサラリーマンが、マンガ読みながらタバコ吸っている空間だった<喫茶店>が、オシャレな男女に支持される<カフェ>へと転換していったのが、ちょうど、この時期だったんですね。

カフェブームから生まれたボサノヴァ・ブーム

カフェブームを支えるアイテムのひとつに、オシャレなBGMがありました。

ジャズ喫茶とかクラシックの名曲喫茶を除くと、喫茶店といえばテレビかラジオが当たり前だったところ、オシャレなカフェでは都会の生活に疲れた心を癒してくれる、落ち着いた音楽が流れるようになりました(ヒーリング・ミュージックという言葉もあった)。

そんなオシャレなBGMのひとつとして、全国のカフェで流れていたのがボサノヴァです。

カフェブームの中でボサノヴァは、オシャレ空間を構成するアイテムとして、感度の高い若い人たちの間で急激に広まっていきました

いわゆるボサノヴァ・ブームの到来です。

ボサノヴァってどんな音楽?

それまで、一般的にボサノヴァというのは、ジャズの一形態としてとらえられていました。

本来、ボサノヴァは、1950年代から1960年代にかけて広まったブラジル音楽のひとつで、サンバなんかと同じようなジャンルのものです。

ところが、ボサノヴァの代表曲と言われる「イパネマの娘」が、ジャズ・ミュージシャンであるスタン・ゲッツの録音によって世界中でヒットしたことから、ボサノヴァはモダンジャズと強い結びつきを持つものとして受け止められるようになりました。

スタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトが共作したアルバムで、「イパネマの娘」が収録されている、『ゲッツ/ジルベルト』は、現在も名盤中の名盤として高い評価を維持しています。

created by Rinker
ユニバーサル
¥2,222
(2022/11/26 19:07:32時点 Amazon調べ-詳細)

教養ある上流階級の若者たちが始めた音楽は、とても爽やかで洗練されているので、現代の都会的な生活にもぴったりとマッチします。

オシャレなカフェで、ボサノヴァがBGMとして使われることになったのも納得ですね。

『ボニータ!ボサノヴァ』はおすすめコンピ

カフェ・ブームを背景としてボサノヴァ・ブームが起こり、2000年代の日本では、多くのコンピレーション・アルバムが発売されました。

<ブームの象徴>とも言えるコンピ盤は、入門編としてとても便利なアイテムですが、当時、ボサノヴァ初心者だった管理人が愛聴していたコンピCDが、今回紹介する『ボニータ!ボサノヴァ』です。

空と海の青い紙ケースが目印だった「ボニータ!ボサノヴァ」空と海の青い紙ケースが目印だった「ボニータ!ボサノヴァ」

『ボニータ!ボサノヴァ』は、2006年にUniversal(ユニバーサルミュージック インターナショナル)レーベルから発売されたコンピレーション・アルバムで、ゴンザレス鈴木氏が解説文を担当していました。

ブーム時のコンピ盤にありがちなように、初心者向きの名曲ばかりが25曲も収録されています。

★『ボニータ!ボサノヴァ』収録曲

01 ワン・ノート・サンバ / ナラ・レオン
02 ソ・ダンソ・サンバ / スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
03 ソー・ナイス(サマー・サンバ) / アストラッド・ジルベルト&ワルター・ワンダレイ
04 マシュ・ケ・ナーダ / タンバ・トリオ
05 ホーダ / ジルベルト・ジル
06 イパネマの娘 / アントニオ・カルロス・ジョビン
07 小船 / エリス・レジーナ
08 ペピーノ・ビーチ / マルコス・ヴァーリ
09 オルフェのサンバ / ルイス・ボンファ
10 ビリンバウ /クアルテート・エン・シー
11 帆掛船の疾走 / エリス・レジーナ
12 バイヤの想い出 / バーデン・パウエル
13 クリケット・シング・フォー・アナマリア / マルコス・ヴァーリ
14 波 / アントニオ・カルロス・ジョビン
15 サーフボード / ロベルト・メネスカル・イ・セウ・コンジュント
16 ネガ・ド・カベロ・デュロ / アストラッド・ジルベルト&ワルター・ワンダレイ
17 想いあふれて / グラシーニャ・ラポラーシ
18 デサフィナード / スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
19 ビーチ・サンバ / ワルター・ワンダレイ
20 オ・サンバ・ダ・ミーニャ・テーハ / タンバ・トリオ
21 ア・ハン(カエル) / ガル・コスタ
22 ドミンゴ・ア・ノイチ / ルイス・ボンファ
23 ウッパ・ネギーニョ / エドゥ・ロボ
24 トリステーザ / エリス・レジーナ
25 三月の雨 / エリス・レジーナ&アントニオ・カルロス・ジョビン

僕は、このCDを聴いてボサノヴァ音楽のファンとなり、その後、ずいぶんたくさんのボサノヴァ音楽のアルバムを聴いてきましたが、この『ボニータ!ボサノヴァ』は、現在聴いても、初心者向けとして素晴らしいコンピレーション・アルバムだと思います。

収録曲は「イパネマの娘」をはじめとして、いずれ劣らぬボサノヴァの名曲ばかり。

すべての収録曲に、歌詞(日本語訳もあり)と解説が付いているので、初めての人でもボサノヴァを理解しやすくなっています。

ジャケットのイラストもオシャレで、いかにもカフェ好きな人たちにアピールしそうな商品ですよね。

これからボサノヴァを勉強したいという人には、絶対におすすめのアルバムです(残念ながら既に廃盤ですが、中古盤で入手可能)。

created by Rinker
ユニバーサル
¥204
(2022/11/26 19:07:33時点 Amazon調べ-詳細)

続編の『ボニータ!2 ボサノヴァ』とセットで持っていると、ひと夏困らないと思いますよ。

情熱の赤が目印の「ボニータ!2」女の子のイラストがオシャレ情熱の赤が目印の「ボニータ!2」女の子のイラストがオシャレ

★『ボニータ!2 ボサノヴァ』収録曲

01 ディサフィナード / ナラ・レオン
02 バトゥカーダ / マルコス・ヴァーリ
03 おいしい水 / アストラッド・ジルベルト
04 波 / ワルター・ワンダレイ
05 シー・ユー・イン・リオ / ジョイス
06 イパネマの娘 / スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
07 コヒーダ・ヂ・ジャンガダ / エリス・レジーナ
08 ミーニャ・サウダージ / ワルター・ワンダレイ
09 トリステーザ / バーデン・パウエル
10 サマー・サンバ / ドリス・モンテイロ
11 カエル / セルジオ・メンデス&ブラジル’66
12 ワン・ノート・サンバ / シルヴィア・テリス
13 ケブラ・マール / ルイス・ボンファ
14 ドラリセ / スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
15 二人と海 / タンバ・トリオ
16 ソ・ダンソ・サンバ  / オス・カリオカス
17 マシュ・ケ・ナーダ / セルジオ・メンデス&ブラジル’66
18 ビーチ・サンバ / アストラッド・ジルベルト
19 コール・ミー / ワルター・ワンダレイ
20 デイトリッパー / セルジオ・メンデス&ブラジル’66
21 虹の彼方に / ナラ・レオン
22 トリスチ / エリス・レジーナ&アントニオ・カルロス・ジョビン
23 想いあふれて / アントニオ・カルロス・ジョビン

created by Rinker
ユニバーサル
¥1,300
(2022/11/26 19:07:33時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ということで、以上、今回は、2000年代のボサノヴァ・ブームと、コンピレーション・アルバム『ボニータ! ボサノヴァ』について、ご紹介しました。

カフェブームと切り離しても、爽やかなボサノヴァ音楽は夏にぴったりの音楽です。

今年の夏は、ボサノヴァで過ごしてみてはいかがですか。

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。