細野不二彦「ギャラリーフェイク」美術を通して青春の痛みを描く

完結したはずなのに、いつの間にか復活していた漫画。

細野不二彦「ギャラリーフェイク」は、管理人にとって、まさしくそんな漫画のひとつです。

復活はうれしいけれど、好きだった漫画というのは、昔のエピソードほど、思い入れがあることも確か。

そこで、今回は、細野不二彦「ギャラリーフェイク」の名作エピソードをご紹介したいと思います。

ギャラリーフェイクについて

「ギャラリーフェイク」は、「ビッグコミックスピリッツ」に連載された、細野不二彦さんの漫画作品です。

連載開始は1992年で、2005年まで長期に渡る人気作品となりました(その後、2016年に復活しています)。

主人公は、元・腕利き学芸員で、現在はギャラリーのオーナー<藤田>。

作品ではオーナー藤田のラブシーンも登場作品ではオーナー藤田のラブシーンも登場

藤田の経営する<ギャラリーフェイク>では、贋作や模造品を扱うという触れ込みがありますが、贋作の陰に隠れて訳アリの真作が紛れ込んでいるということも。

冷徹な悪徳画商として悪名高い藤田ですが、実は人間的で優しい一面もあり、今日もギャラリーフェイクには、様々な訳アリの顧客が足を運んでくるのです、、、

ギャラリーフェイクの魅力

「ギャラリーフェイク」は、取材に裏打ちされた高度な専門性が、その大きな魅力となっています。

主人公の藤田が、なにしろ、かつてはニューヨークのメトロポリタン美術館で<教授>の異名を取っていた優秀な学芸員という設定なので、藤田レベルのキャラクターを描くのは、かなり大変だったと思います。

サラと三田村館長の水着カットは貴重サラと三田村館長の水着カットは貴重

とは言え、管理人としては、専門性の高い芸術的なエピソードよりも、市井の人たちの暮らしに題材を取った、ささやかな物語の方が好きです。

まあ、このあたり好き好きではありますが、一流の美術品からそこらのガラス工芸品まで、世の中の美しいモノすべてを対象にしているということが、「ギャラリーフェイク」という漫画の魅力なのかもしれませんね。

ギャラリーフェイク THE BEST

「ギャラリーフェイク」は長期連載作品なので、コミックスは全32巻(当初連載分)。

あまりにエピソードが多いのですが、作者自選による『ギャラリーフェイク THE BEST』は、まさしく究極のベスト版です。

作者自選による『ギャラリーフェイク THE BEST』作者自選による『ギャラリーフェイク THE BEST』

これから「ギャラリーフェイク」を読みたいという方は、このベスト版から入るのがお勧め。

もっとも、この「ベスト版」には、管理人の好きなエピソードは、あまり収録されていません。

作者自選っていうのは、やっぱり、そういうものなんでしょうね。

ということで、この後は、管理人の好きなエピソードをご紹介していきたいと思います。

created by Rinker
¥5
(2022/11/26 07:12:14時点 Amazon調べ-詳細)

風鈴をしまう日(第27巻)

おそらく、「ギャラリーフェイク」の中で一番好きなエピソード。

藤田の住むボロアパートの隣の部屋には、若い男女が暮らしています。

風鈴と風来坊を掛け合わせた、珠玉の青春エピソード風鈴と風来坊を掛け合わせた、珠玉の青春エピソード

この二人、夏が終わったというのに風鈴の鳴る部屋で、昼間からセックスなんかしていますが、女の子は、雑貨店への就職を決めて、ガラス工芸品の勉強にのめり込んでいきます。

一方の彼氏は、画家からミュージシャン、そして演劇へと、やりたいことが次々に変わっていき、相変わらずのプータロー暮らし。

口先だけで何も実行しようとはしない彼氏に、彼女の苛立ちは募るばかり。

やがて、二人の意識の違いに気が付いた女の子は、彼氏との別れを決意します。

この風鈴の音、、、最初のころはとても心地よかった、、、だから、夏がすぎてもずっと飾ってたんだ、、、。でも、そのうち、だんだんと、耳障りに聞こえてきた。風に吹かれて、、、風まかせ、、、キレイな音を鳴らすのは中身がカラッポだから、、、何も入っていない、、、だからなんでも入るような気がする、、、

風まかせでキレイな音を鳴らす風鈴は、もちろん、自分の彼氏のこと。

「なんでも入るような気がする」は、彼氏の将来性に対する、彼女の大きな期待だったんですね。

最後の場面で、藤田から借金を作った彼氏は、彼女に内緒で部屋を出ていきますが、そのとき、藤田に向かって「借金はいつか必ず返すからな!」をタンカを切るところが、すごく好きです。

「期待しないで待ってるぜ、風来坊!」という、藤田さんの台詞もカッコいい。

風鈴と風来坊を掛け合わせた、珠玉の青春エピソードです。

ぜひ、この話を中核にして映画化してほしいですね。

注文の多い家庭教師(第20巻)

藤田の大学時代の後輩・桂木由紀が登場。

かつて、藤田に憧れていたが結婚して子どもをつくり、現在はシングルマザーとして仕事や子育てに追われている。

藤田は、由紀に内緒で、由紀の長男の家庭教師となって、油絵を教えるようになる。

生活に疲れていた由紀を、側面からこっそりと支えようとする藤田流の愛情がニクい。

藤田の大学時代の後輩・桂木由紀が登場藤田の大学時代の後輩・桂木由紀が登場

蛇口(第30巻)

明治40年創業の茨海小学校は、ドイツ人建築家による設計の歴史的建造物ですが、老朽化が著しく、市役所と銀行は、学校を解体して、市立美術館を建てる計画を考えています。

銀行から協力を依頼された藤田は、保存派の敵となって、美術品の鑑定作業を進めていきますが、、、

主流とか反主流とかではなく、自分の正しいと思った道を歩く。

それが、藤田玲司という美術商でした。

明治40年創業の茨海小学校は、ドイツ人建築家による設計の歴史的建造物だった、、、明治40年創業の茨海小学校は、ドイツ人建築家による設計の歴史的建造物だった、、、

加州昭和村(第15巻)

時代の最先端を走るIT企業家が、ガラクタみたいな生活骨董を買い漁っているらしい—

藤田は、新谷満男の依頼を受けて、昭和時代のミシンを探しに出かけます。

新谷が考えていたもの、それは、カリフォルニア州に昭和30年代の日本の下町を再現するという、壮大な計画でした、、、

ハイテク社会への警鐘を鳴らした、ギャラリーフェイク版「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

ギャラリーフェイク版「ALWAYS 三丁目の夕日」?ギャラリーフェイク版「ALWAYS 三丁目の夕日」?

アスパラガスの皿(第18巻)

サラが通うスポーツジムの女性講師が自殺した。

近々結婚予定だった彼女が自殺するはずがないと、サラは主張。

事件を解決に導いたのは、彼女の好きだった「アスパラガスの皿」でした、、、

「ギャラリーフェイク」では珍しいミステリーものです。

「ギャラリーフェイク」では珍しいミステリーもの「ギャラリーフェイク」では珍しいミステリーもの

欠けた柿右衛門(第28巻)

老人養護施設で働くエリカは、自分が担当する田上さんに怒られてばかり。

ある日、死期の迫った田上さんから、エリカは柿右衛門の修復を頼まれるが、藤田は修復費として30万円を要求。

激怒したエリカは、それでも30万円を支払って、柿右衛門を老人の元へと返したものの、、、

憎まれ役を演じながら、実は、常に弱者の見方であり続けた藤田の生き方が、よく理解できるエピソードだと思います。

憎まれ役を演じながら、藤田は常に弱者の見方であり続けた憎まれ役を演じながら、藤田は常に弱者の見方であり続けた

停電来る!(第30巻)

大手量販家電店の新入社員・河内は、一期先輩の沙織に憧れて、仕事に頑張る毎日を過ごしていた。

一方、藤田は、旧知の骨董店の後始末を引き受けて、骨董市に店を開く。

ある日、憧れの沙織が、社内不倫していることを知った河内は、藤田の店で買ったばかりの骨董品を使って、沙織を励まそうとするが、、、

「ギャラリーフェイク」は、藤田が脇役を演じているものに、良い作品が多いような気がします。

もちろん、藤田とサラの二人のキャラクターが、しっかりと設定されているからこそのエピソード展開なのですが。

江戸時代の骨董品を使って憧れの先輩を慰める江戸時代の骨董品を使って憧れの先輩を慰める

残暑絵金見舞(第25巻)

高知県赤岡町の絵金祭り。

追手から逃れてきた矢野は、故郷の街で元カノ・カヨと再会します。

昔の約束を果たすため、二人は一緒に絵金祭りを見学に出かけますが、、、

悲しくて切ない青春エピソード。

ドラマ化したら、きっとおもしろいと思います。

高知県赤岡町の絵金祭りが舞台高知県赤岡町の絵金祭りが舞台

こうして見ると、「ギャラリーフェイク」には、映像化したらおもしろそうなエピソードがいっぱいですね。

美術界を舞台にした人間ドラマで、登場人物も若者からお年寄りまで実に多彩。

家族関係あり、恋愛関係あり、ビジネス関係ありで、エピソードを楽しみながら、美術の世界に詳しくなることもできちゃいます。

名画や博物館もいいけれど、庶民を描いた「ギャラリーフェイク」はおすすめですよ。

まとめ

ということで、以上、今回は、細野不二彦「ギャラリーフェイク」から、おすすめな珠玉の青春エピソードをご紹介しました。

いくつになっても、青春を描いた漫画好きは変わりません(笑)

美術と青春を描いた漫画としても「ギャラリーフェイク」はおすすめですよ。

created by Rinker
¥693
(2022/11/26 09:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。