1980年代

伊藤サヤカ「Kenji」美しすぎる<女尾崎>が歌った男たちの友情

伊藤さやかというと、アイドル歌手というイメージがあるかもしれない。

あるいは、あだち充の「日当たり良好」をテレビドラマ化した際のヒロイン「岸本かすみ(かすみちゃん)」役を演じた女の子として。

確かに、伊藤さやかの<かすみちゃん>は実に適役で、元気いっぱいの活発な女の子という役柄を、素のままで演じていたように思われる。

竹本孝之の「高杉勇作」とセットで、僕はこの「日当たり良好」が大好きだった。

テレビドラマは1982年放送だから、僕はかすみちゃんたちより一つ年下の中学3年生だったということになる。

顔面ドアップのジャケット写真。かわいい!顔面ドアップのジャケット写真。かわいい!

僕が、伊藤さやかという女の子を知ったのも、テレビドラマの「日当たり良好」がきっかけだったから、伊藤さやかとかすみちゃんとのつながりは断ち切れないものではあるが、今、僕の中にある「伊藤さやか」イメージは、力強いメッセージソングを歌う女性ロックシンガーというイメージだ。

特に僕は彼女の「日のあたる場所」というアルバムが好きで、中でも「kenji」という曲には、若い頃からずいぶん励まされてきた。

知らない人の方が多いかもしれないので歌詞を引用しておく。

伊藤サヤカ「Kenji」

いつまでも信じてる My Friend
つらい時悲しい時 ふと思い出すのさ
思いきりケンカもした
本気で将来も語り合ったね
So,Sing the Memories

世の中を変えてやるんだと
息まいてたあの日々が輝いて
今も胸にはじける

Oh,Kenji
オマエの瞳は燃えてるかい?
あの頃の生き方を忘れないでね
Oh,Kenji
オレはまだ夢を捨てちゃないぜ
人生はあせらずに Easy Come Easy Go !

何よりも大切な Good Friend
たまにしか会えなくても 心わかり合える
ありふれた 恋をしたけど
Heart Break 夜通しでつき合ってくれたね
So,Sing the Memories

もう二度と 恋をするものかと
ウソぶいてた強がりが テレ臭く
若かったと笑える

Oh,Kenji
オマエの恋は続いてるかい?
彼女はいい娘だから 泣かせるなよ
Oh,Kenji
オレにも好きな娘ができたんだ
この次に会う時は 4人で飲もうか

Oh,Kenji
オマエの瞳は燃えてるかい?
あの頃の生き方を忘れないでね
Oh,Kenji
オレはまだ夢を捨てちゃないぜ
おたがいにあせらずに Easy Come Easy Go !

考えてみると、僕の青春時代というのは、この手の、ちょっと流行ソング的な歌謡ロックみたいな曲に励まされることが多かったような気がする。

他愛ないと言えばそれまでかもしれないが、この手のメッセージソングには、少年の心をくすぐる何かが間違いなく潜んでいたのだ。

尾崎豊の影響が感じられる伊藤さやか?

この「Kenji」が収録されているアルバム『陽のあたる場所』は、1986年9月に発売された、伊藤さやか最後のアルバムだが、今聴いてみると、やたらに尾崎豊っぽさが感じられる。

尾崎豊のブレイクは1985年だから、伊藤さやかが音楽的な影響を受けていたとしても、全然不思議ではない。

伊藤さやか「陽のあたる場所」の歌詞カード伊藤さやか「陽のあたる場所」の歌詞カード

「So Longはまた会うため」のアレンジは、尾崎の「存在」みたいだし、「Help My Life」なんかも、いかにも<女尾崎>といった感じの作品である。

本物の<女尾崎>橘いずみのデビューは1992年だけど、もしかすると、伊藤さやかも尾崎豊みたいなメッセージ性の強いロックミュージックをやりたかったのかな。

なまじ「恋の呪文はスキトキメキトキス」みたいなヒット曲もあるから、アイドル歌手のイメージから最後まで抜け出せなかったような気がする。

なにより、伊藤さやかはかわいすぎた。

LPレコードのジャケット写真が、顔面ドアップって、どんだけ顔に自信あんだよって感じ。

いや、このレコードジャケット、大好きでした(笑)

伊藤さやか、最高。

created by Rinker
ビクターエンタテインメント
¥3,860
(2022/06/28 19:32:59時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
ちょっと懐かしい本や雑誌、CDの感想を書いています。好きな言葉は「広く浅く」。ブックオフが憩いの場所です。