雑学ノート

「良性突発性頭位めまい症」計5回再発の体験者による闘病日記~めまいと仕事を両立させるコツ

めまいの原因として、一番多い病気が「良性突発性頭位めまい症」です。

病名にあるとおり「良性」なので過度に心配する必要はなく、一~二週間程度で自然に治る病気ですが、実際に激しいめまいを経験した人は、ものすごく大きな不安に襲われます。

この「良性突発性頭位めまい症」は、再発の可能性が高いことでも知られており、僕は令和元年の夏に初めて発症してから令和4年の夏までに、計5回この病気にかかりました

1年に1回以上のペースです。

自分なりに再発防止に気を付けているつもりですが、加齢(50代)や仕事(デスクワーク)が原因になっている部分もあるらしいので、ある程度は仕方ないものとあきらめています。

むしろ、病気の性格をしっかりと把握して、上手に付き合っていくことが大切なのかもしれませんね。

今回は、過去5回の発症について、闘病日記の形でまとめてみました。

めまいに悩んでいる方の参考にしていただければと思います。

めまいと仕事(生活)を両立させようめまいと仕事(生活)を両立させよう

第1期(令和元年8月)52歳

令和元年8月17日(木)

発症1日目。朝の業務開始から、手元の書類の文字がうまく読めない。

文字にピントが合わないのだ。

遠近両用眼鏡の度が合っていないのだろうか。

眼鏡をズラしてかけたりして、一日の仕事を終える。

令和元年8月18日(金)

発症2日目。朝から足元がフワフワしている。

歩くたびに体が揺れているような気がする。

机に座っている分には、特別に問題なし。

ただし、手元の書類の文字は相変わらず読めない。午後から脂汗が流れるようになった。

明らかに異常。歩くたびに周りの景色が揺れている。

これは「めまい」だ。

夕方、単身赴任先から特急列車に乗って地元の町まで帰る。

シートに座り込むなり、意識を失うように深く眠りこけてしまった。

列車が発車したことも、車掌が検札に来たことさえ知らない。

体が非常に消耗していたのだ。

地元の町に到着、そのまま飲み会の席へと向かう。

どうしても外せない飲み会だが、座りながらも景色が回っている。

吐き気がして座っていられない。失礼ながら中座して自宅へ帰る。

「顔色が悪い」「脂汗が出ている」「めまいは脳の異常かもしれないから病院へ行くように」と、みんなに心配されてしまった。

帰宅するなり、倒れこむように爆睡。

令和元年8月19日(土)

発症3日目。

何科を受診すべきか分からないが、とにかく病院へ行かなければならない。

とりあえず、目の前にある耳鼻科まで行こうとするが、狭い廊下さえもまっすぐに歩くことができない。

天井がグルグル回っている。嫁に付き添ってもらいながら、必死の思いで耳鼻科にたどり着く。

「めまいがする」と言うと、医者の目が光った。

「なに、めまいですか?」

もしかして、めまいの患者を待ち焦がれていたのだろうか。

ベッドに寝かされて、大きな眼鏡を被せられた。

医者は、大きな眼鏡を覗き込みながら「ああ、回ってますね~」と、感心したような声を出す。

頭を横に動かしたりしながら、目の動きを確認して診察は終了。

診断名は「良性突発性頭位めまい症」

聞いたこともないような病名だ。

医者の話によると、それほど珍しい病気ではなく、特に深刻な病気でもないらしい。

とにかく、めまいを起こした方が早く治るらしい。

めまいを起こすたびに、ひどい吐き気を催すので、めまい止め(ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工P」)と吐き気止め(トラベルミン配合錠)を処方してもらう。

頭を動かす体操をすると効果的だという。

体操の方法を書いたメモをもらった。

帰宅して、薬を飲んで爆睡。

頭を動かすと、めまいがして吐き気を催すので、体操なんかできるわけがない。

令和元年8月20日(日)

発症4日目。

体がめまいに慣れてきたような気がする。

病院からもらったメモを参考にして、頭を動かす体操を始める。

頭を左右に動かすだけの簡単な体操だが、頭を動かすと吐き気を催すので、決して簡単な対応ではない。

めまい止めを信頼して、単身赴任先へ戻る。

こういうとき一人暮らしは不安だ。

翌日の仕事に支障が出ないよう、必死で体操に取り組んだ。

めまいを起こせば起こすほど、病気は早く治るのだ。

令和元年8月21日(月)

発症5日目。

歩くとフワフワするが、目が回って歩けないほどではない。

どうにか出勤できそうだ。

ただし、書類の文字を読むことはできない。

下を向くと、めまいがするということが分かった。

歩いているときにめまいを起こすと、転倒してケガをしそうなので、なるべく歩かないように静かにしていた。

帰宅してから、頭の体操に励む。

令和元年8月22日(火)

発症6日目。めまいがだいぶ回復している。

かなり普通の生活を送れるようになってきた。

ただし、文字を書くことはできない。

正面を向いてパソコンを操作する分には支障なし。

薬のおかげか、吐き気もかなり楽になったような気がする。

帰宅してから、頭の体操に励む。

令和元年8月23日(水)

発症7日目。ほぼ回復。

ようやく文字も書けるようになってきた。

念のために、めまい止めと吐き気止めは服用を続ける。

令和元年8月24日(金)

発症8日目。完治。めまいなし。

薬の服用をやめる。

発症から完治まで、ほぼ一週間。

非常に辛い経験だった。

もう二度とごめんだ。

耳鼻科医の指導によると、頭を高くして寝ることで、再発防止になるという。

枕の下に毛布を入れて、上半身側が高くなるようにして寝ることを勧められた。

デスワークが多いなど、動かない職種の人に多いらしい。

部屋で寝転がって本を読んだりするのも、やめた方がいいかもしれない。

めまいがしたら病院(耳鼻科)へ行こうめまいがしたら病院(耳鼻科)へ行こう

第2期(令和2年3月)52歳

令和2年3月30日(木)。

発症1日目。

朝、目覚めた瞬間から、目が回っていると思った。

起き上がることができない。

大切な会議がある日なので、とにかく出社しなくては。ヨロヨロしながら洗面台まで移動。

下を向いて、顔を洗っているところで、天井がグルグルと回るような、非常に強いめまいがして転倒。

強い嘔吐感。

仰向けに寝転がったまま、動くこともできず。

嫁が慌てて救急車を呼んで、そのまま脳外科病院へ搬送される。

精密検査を受けるが、脳に異常は見つからず。

過去の体験を話すと、耳鼻科の受診を勧められる。

タクシーで自宅近所の耳鼻科へ移動するも、相変わらず、めまいと吐き気がひどい。

耳鼻科医は、目を見るなり、「あー、回ってますね」。

診断を受けると、前回と同じ「良性突発性頭位めまい症」だろうとのこと。

めまい止め(ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工P」)と吐き気止め(トラベルミン配合錠)の投薬を受ける。

自宅に戻って死んだように眠る。

令和2年3月31日(金)

発症2日目。

薬のせいなのか、異常に眠り続けている。

昨日より症状は和らいでいるような気はするが、動くと、ひどいめまいが起きて吐き気に襲われる。

できるだけ体を動かさないように寝て過ごす。

耳鼻科医の話では、できるだけ頭を動かしたほうが、早く治るらしいのだが、とても動かせるような状況ではない。

吐き気がするので食欲もなし。

冷たいサイダーを飲んで水分補給を図る。

令和2年4月1日(土)

発症3日目。

動くとめまいがするが、昨日よりはマシになっている感じ。

ようやく、頭を動かす体操を始めるが、動くたびに強い吐き気。

週末の間に治さなければならない。

一日寝て過ごす。

令和2年4月2日(日)

発症4日目。

翌日から出勤するため、必死で頭の体操。

基本的には、仰向けに寝転がった状態で、顔を動かして10秒間停止するだけの簡単なものだが、めまいが辛い。

仰向けのまま、上を見た状態で10秒間停止。

次に、顔だけ左側を見る状態にして10秒間停止。

次に、顔だけ上を見た状態で10秒間停止。

次に、顔だけ右側を見る状態にして10秒間停止。

最後に、上を見た状態に戻して10秒間停止。

上・左・上・右・上。

これを何回か繰り返すことで、症状は緩和されるのだという。

頭を動かしているときは、かなり苦しいが、体操が終わったあとは、確かに少し楽になったような気がする。

気のせいかもしれないが。

令和2年4月3日(月)

発症5日目。

いつまでも休んでいられないので出勤。

下を向いたときに、めまいがひどいことに気が付く。

洗面台で顔を洗うときや、シャワーで髪を洗うときが要注意。

下を向いた後で、頭を元に戻したときに、ひどいめまいがやってくる。

洗面台は鬼門だ。

歩くと、フワフワと地面が揺れている感じ。

気が付かないうちに、体が左右に揺れているらしく、職場でも机や書棚にぶつかったりしている。

自席に座ってパソコンを叩いている分には、頭を動かさないせいか、特に支障はない。

下を向くと目が回るので、ペンで字を書くことはできない。

めまい止めと吐き気止めを服用しているせいか、ひどく眠くなる。

頭がトロンとしてくる感じ。

通勤は、妻に自動車で送迎してもらうが、流れる景色を見ていると具合が悪くなってくる。

就寝前に頭の体操。

令和2年4月5日(火)

発症6日目。

めまいは随分よくなっている。

フワフワした感覚と、文字が書けないことくらいか。

どうにか、勤務には支障ないレベルといったところ。

令和2年4月5日(水)

発症7日目。下を見て字が書けるようになった。

発症から一週間、どうやら完治したらしい。

自己判断により、夕食から薬の服用をやめる。

耳鼻科医はめまいの専門医なので、何でも相談しよう耳鼻科医はめまいの専門医なので、何でも相談しよう

第3期(令和3年5月)53歳

令和3年5月21日(金)

発症1日目。

朝、目が覚めた瞬間から違和感。

横になっている状態で、既に目が回っているような気がする。

これは1年ぶりに<あいつ>がやってきたのではないだろうか。

頭を動かすと目が回る。おそらく間違いない。できるだけ頭を動かさないようにして、静かに行動しなければ。

出勤するつもりで洗面台へ向かうが、顔を洗うために下を向いた瞬間に、ひどいめまいがやってきた。

グルグル回る目と強い吐き気。

途端に、出勤する気力がなくなって欠勤を決意する。

職場にLINE。

近所の耳鼻科が開院するのを待ち構えて病院へ。

原因が分かっているだけに、気持ちのゆとりはあるような気がする。

いつもの耳鼻科医、椅子に座った状態で目を観察して「あー、回ってますね」。

いつものようにベッドに移動して仰向けで寝ると、大きな眼鏡を装着させられる。

ゆっくりと、頭を左右に動かして、めまいの様子を観察する先生。

クラクラきたときには、「あー、今、回ってますね」と確認してくれる。

いつもの薬を出してもらって、帰宅して寝る。

動くと目が回るから寝ることしかできないのだ。

令和3年5月22日(土)

発症2日目。

頭の体操を始める。

週末の間に治してしまわなければいけないので、気が焦る。

睡眠、頭の体操、睡眠、頭の体操。

いずれにしても、寝転がったままなので、ベッドから起き上がることはない。

めまい止めと吐き気止めを飲んでいるせいか、いくらでも眠ることができる。

むしろ、眠らずにはいられない。

めまいで週末が無駄になってしまうことの虚しさ。

令和3年5月23日(日)

発症3日目。

朝から頭の体操に励む。

救急車で運ばれたときのように、ひどいめまいではないので、意外と軽症なのかもしれない。

顔を動かすだけの気力はあるようだ。

夕方の時点で、めまいは治まっていないので、入浴は控えて、ひたすら眠る。

令和3年5月24日(月)

発症4日目。

動けないこともないので出勤することにして、朝風呂に入る。

洗髪が危険なので、できるだけ顔を下に向けないように注意する。

仕事中は、めまい止めと吐き気止めに期待するしかない。

あとは、ひたすら動かないこと。

頭の上に本を乗せているつもりで、できるだけ顔を動かさないのがいい。

打ち合わせも最小限にして、静かに過ごす。

下を向いて字を書くことができないのが、いちばん困る。

令和3年5月25日(火)

発症5日目。

若干フワフワ感が残るも、かなり快方に向かっている感じ。

文字を書く以外は、特段の支障なし。

令和3年5月26日(水)

発症6日目。

ようやく、下を向いて字を書くこともできるまでに回復。

自己判断により薬の服用をやめた。

体調が悪い時は薬を飲んで寝ているのが一番体調が悪い時は薬を飲んで寝ているのが一番

第4期(令和3年11月)54歳

令和3年11月5日(金)

発症1日目。

仕事中、書類の文字が読みにくくなる。

遠近両用眼鏡の度が合っていないのだろうか。

明日は、眼科へ行ってみよう。

令和3年11月6日(土)

発症2日目。

近所の眼科へ行って、眼鏡の度を調べてもらうが、特に問題ないと言う。

めまいがすると訴えると、別の原因ではないかと冷たくあしらわれる。

まさか、たった半年で<あいつ>が発症したというのか?

その足で近所の耳鼻科へ行って診察を受けると、やはり、いつもの「良性突発性頭位めまい症」だろうとのこと。

1年に1度くらいは仕方ないと思っていたけれど、半年で再発するなんてとがっかり。

めまい止めと吐き気止めを処方されて帰宅。

帰る頃には、めまいが強くなっていた。

薬を飲んで、夜まで眠る。

令和3年11月7日(日)

発症3日目。

朝から頭の体操。

週末の間に、ある程度改善されれば、仕事を休まなくて済むのだけれど。

令和3年11月8日(月)

発症4日目。

めまいの症状はあるものの、出勤できないことはなさそうだ。

できるだけ下を向かないように気を付けながら入浴。

フワフワしながら職場へ向かうが、グルグルではない限り、なんとか日常生活を送ることができそう。

気持ちの問題かもしれないが、めまい止めと吐き気止めは優秀。

相変わらず、字を書くことはできないので、パソコンを使った作業に専念。

令和3年11月9日(火)

発症5日目。

めまいはだいぶ改善されている模様。

下を向いて字を書くと、ミミズが這ったような字になって悲しい。

令和3年11月9日(火)

発症6日目。

ほぼ、通常どおりに仕事をできるようになった。

自己判断により、薬の服用をやめる。

ただし、今後は、いつ、何があってもいいように、めまい止めと吐き気止めの薬は持ち歩くことにしようと思う。

令和3年11月10日(水)

発症7日目。通常勤務。

令和3年11月11日(木)

発症8日目。

通常勤務、、、のつもりが、気が付くと手元の書類の文字が読みにくい。

これはもしやめまいでは?

もしかして完治していなかったのか?

昼食後に慌てて薬を服用。あまり頭を動かさないようにして、静かに過ごす。

就寝前に、頭の体操。

令和3年11月12日(金)

発症9日目。

朝からフワフワしている。

できるだけ打ち合わせも最小限にして、寡黙に作業をこなす。

部下からは、ずいぶん静かだなあと思われていたらしい。

治ったつもりで、再び発症したのは、これが初めて。

「良性突発性頭位めまい症」も奥が深い病気だ。

令和3年11月13日(土)

発症10日目。

ほぼ、めまいは完治していると思われるが、念のため、薬を飲んで、家で寝ている。

薬の服用は、この日が最後で、翌日から普通に活動することができた。

今までで一番軽かった割には、一番長引いたような気もする。

再発を繰り返す人は、いつも薬を持ち歩くと安心再発を繰り返す人は、いつも薬を持ち歩くと安心

第5期(令和4年7月)55歳

令和4年7月23日(土)

発症1日目。

朝から本屋へ行くつもりが、なんとなく気乗りしなくて、午前中を寝て過ごす。

午後から古本屋へ行くも、眼鏡の度が合っていないらしくて、本の背表紙をうまく読むことができない。

いよいよ眼鏡を買い替えなくてはダメか。

明日は眼鏡屋へ行こう。

夕方になって、めまいがしているような気がすることに気づく。

これは、いつもの<アレ>だ。

耳鼻科は既に終わっているので、病院へかかることもできない。

幸い、手持ちの薬はたくさんあるので、なんとか一週間乗り切らなくては。

入浴を控えてひたすら眠る。

令和4年7月24日(日)

発症2日目。

薬のせいか、12時間以上も眠り続けた。

軽く朝食を食べて、再び長い眠りに就く。ほぼ終日眠り続けていたけれど、めまいは治まらない。

吐き気がしない程度に、恐る恐る頭の体操を開始。

明日、出勤できるかどうか、それが問題だ。

令和4年7月25日(月)

発症3日目。

フワフワする感覚は残っているが、出勤できないことはなさそうだ。

いつものとおり洗面台が危険なので、慎重に洗顔する。

グルグルと目が回らない限り、何とかなるだろう。

できるだけ頭を動かさないのがコツだ。

5回も再発を繰り返していると、「良性突発性頭位めまい症」のベテランみたいになってくる。

症状が改善したら闘病記でも書いてみようか。

なるべく下を見ないで済むように、持参の昼食は、いつものお弁当ではなく、おにぎりに変えてもらった。

夜、入浴中に洗髪をしているときに、激しい嘔吐感があった。

下を向いてシャワーを浴びた後で、顔を上に向けた瞬間が危ない。

令和4年7月26日(火)

発症4日目。

フワフワしながら仕事へと向かう。

忙しくて、バタバタしているときには、めまいのことなんか忘れてしまっていた。

体を動かした方が、めまいも早く治るだろう。

ただし、気づかずに体は揺れているので、狭い部屋を移動するときには、時々、体がぶつかってしまう。

相変わらず、文字を書くことは難しい。

令和4年7月27日(水)

発症5日目。

仕事でバタバタしている間に、いつの間にか、めまいもなくなっているような気がする。

仕事に支障が出たら困るので、念のために服用していた薬も、本日でやめることにする。

令和4年7月28日(木)

発症6日目。

薬なしでも、普通どおりに過ごすことができた。

どうやら無事に完治したらしい。

結局、今回は、病院を受診することなく、自己判断で対応した初めての事例となった。

どうせ、今後も再発するだろうし、上手にめまいと付き合っていく方法を見つけるしかない。

めまいは再発するものと割りきって、上手に付き合っていくしかないめまいは再発するものと割りきって、上手に付き合っていくしかない

まとめ

ということで、以上、今回は、「良性突発性頭位めまい症」の闘病体験記をご紹介しました。

結論から言って、「良性突発性頭位めまい症」は恐ろしい病気ではありませんが、患者にとっては非常に辛い病気でもあります。

基本的には、めまい止めと吐き気止めを服用して、ひたすらに眠る、すこし調子の良い時ときに頭の体操をする、ということで、回復するのを待つしかありません。

僕の場合は、だいたい一週間で完治していますが、個人差があると思いますので、焦らずに療養に努めてください。

僕のように何日も仕事を休めないという人は、できるだけ静かにデスクワークしているのがお勧め。

そもそも「良性突発性頭位めまい症」は、あまり体を動かさない事務作業をしている人に多いらしいですが(笑)

いつか、また、再発したら、そのときにまた続きを書いてみようと思います。

皆さんもお身体お大事に、どうぞ。

ABOUT ME
kels
ちょっと懐かしい本や雑誌、CDの感想を書いています。好きな言葉は「広く浅く」。ブックオフが憩いの場所です。