音楽

松任谷由実のカセットレーベルと彼女の描きのインデックス

ラジカセが人気あるんだとか。

カセット派の皆さん、インデックスはどうしているんでしょうか。

この機会にカセットレーベルまで復活すると楽しいかも(笑)

カセットテープで音楽を共有していた時代

1980年代、音楽を共有するための手段はカセットテープしかなかった。

自分の好きな音楽を、自分の大切な人に聴いてほしい。

そんなとき、僕たちは、レコードプレーヤーとカセットプレーヤーが一体化しているミニコンポで、レコードの音楽をカセットテープに録音した。

普通のカセットテープは安価だったから、友人や恋人へプレゼントするにも、負担の少ない方法だったのだ。

お気に入りのカセットテープが増えてくると、その収納に頭を悩ませた。

曲名をきちんと整理しておくためのインデックスも重要だった。

そんなわけでカセットレーベルが人気となった。

市販のものもあったけれど、お金のない学生は、雑誌の付録についてくるカセットレーベルを積極的に活用していた。

付録といっても、雑誌のページの一部になっているものを、自分でカットするだけの簡単なものだった。

付録のカセットレーベルには背表紙まで印刷されていた付録のカセットレーベルには背表紙まで印刷されていた

市販の厚いものよりも、雑誌の付録のペラペラのやつの方が、使いやすかったからかもしれない。

なにより、雑誌の付録のカセットレーベルは、デザインが良かった。

自分の好きなアーチストの写真や、お気に入りの漫画のキャラクターを使ったカセットレーベルは、特に人気があったような気がする。

毎号は買わない雑誌でも、自分の好きなカセットレーベルが付録に付いているとなれば、みんな、何となく買ったものである。

当時のカセットレーベルには、それだけの魅力があった。

「時のないホテル」と彼女の手書きのインデックス

あるとき、ふと、ユーミンを聴いてみようかと思いつく。

さしたる理由があったわけではないだろう。

あるいは、自分の好きな女の子が、ユーミンを好きだったのかもしれない。

音楽なんて、そんな単純な理由から始まった方が楽しいものだ。

ユーミンのファンだという女の子に、新しいカセットテープを渡す。

彼女の部屋には、松任谷由実のレコードが揃っているらしい。

彼女は「時のないホテル」というアルバムを、カセットテープに録音してくれた。

それは、1980年にリリースされた、ユーミン9枚目のアルバムだった。

カセットテープのケースには、松任谷由実の写真をデザインしたカセットレーベルが入っていた。

ケースを開くと、内側に曲名のインデックスがある。

最初の印象的な曲は「セシルの週末」という作品だった。

僕は、彼女の手書きのインデックスを眺めながら、ユーミンの「時のないホテル」を聴いた。

手書きのインデックスが懐かしいカセットテープ時代手書きのインデックスが懐かしいカセットテープ時代

カセットレーベルの余白に、<中二時代>と印刷された文字があった。

彼女は学研よりも旺文社の方が好みだったらしい。

曲名の後には、几帳面に曲の時間数まで書き込まれていた。

カセットテープの場合、録音できる時間数には上限があったから、みんな、曲の長さというのを、意外と気にしていたのかもしれない。

テープの余白には、アルバム「悲しいほどお天気」から、最初の三曲だけが録音されていた。

カセットテープを無駄にすることがないようにという、彼女の配慮だったのだろう。

僕の渡した<TDK D60>は、60分のカセットテープだったから、普通のLPレコードを録音するには、少し長すぎる。

あの頃、LPレコードを録音するのに普通に使われていたのが、46分テープだった。

時に、46分テープに収まらないレコードがあったりすると、みんなチッと舌打ちをしたものだ。

そうして、僕は、彼女の<松任谷由実>を何度も聴いた。

何よりうれしかったのは、彼女の手書きの文字だった。

カセットレーベルには、そんな思い出もある。

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,040
(2022/11/30 17:36:26時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
バブル世代のビジネスマン。読書と音楽鑑賞が趣味のインドア派です。お酒が飲めないコーヒー党。洋服はアーペーセーとマーガレット・ハウエルを愛用しています。