雑貨

昭和レトロなティーカップで週末ティータイムを華麗にアップデート

お家時間をもっと充実させたい。

ティータイムにもっとこだわりたい。

そう考えている方に、昭和レトロなティーカップなんていかがでしょうか?

ヴィンテージ製品を生活に採り入れるだけで、知らなかった世界が開けますよ。

昭和レトロなティータイム

コロナ以降、お家でのティータイムにこだわっているという方、増えたんじゃないでしょうか。

我が家では、カフェへ出かける回数が減った代わりに、自宅のティータイムに力を入れるようになりました。

といっても、お菓子を豪華にするとか、お菓子の量を増やすとか、そういうことではありません(笑)

ティータイムを簡単にアップデートする方法、それは、食器をちょっと変えてみるということ。

それも、主役級と言っていいティーカップにヴィンテージ製品を使う。

何となくハードル高そうですが、昭和レトロなティーカップって、意外と簡単に手に入るんですよ。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

昭和レトロなティーカップとは?

我が家では、ティーカップを3種類に使い分けています。

戦前の「アンティーク」、戦後の「ヴィンテージ」、そして「現代モノ」の3つです。

戦前のアンティーク製品は、実用よりもコレクション的な要素が大きく、毎日のコーヒーや紅茶には、スタバや作家ものの現代モノの器を使っています。

大切なのが、休日のティータイムで、ゆったりと過ごすこの時間には、戦後に生産されたヴィンテージ製品を使うことが多くなりました。

ここで言うヴィンテージとは、昭和30年代から40年代にかけて作られた、いわゆる「昭和レトロ」なカップ&ソーサのことです。

現在から50年以上前に生産された食器がほとんどですが、デザインがモダンで、同じ大量生産のものでも、現代の製品にはない手仕事の味わいがあります。

昭和レトロなカップ&ソーサを使ったティータイムは、いつもよりゆったりとしていて、単なるティータイムという以上に、気持ちをリラックスさせてくれます。

心の贅沢っていうのは、こういうことを言うのかもしれませんね。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

昭和レトロなティーカップの入手方法

ヴィンテージのティーカップは、普通のお店では売っていません。

一番気軽に安価で入手できるのは「フリーマーケット」です。

特に、高齢の方が、不用品を処分しているようなお店では、自宅で使っていた古い食器を売りに出していることがあります。

不用品なのでお得に入手できますが、長年使いこまれたものであれば、傷や汚れなども多いかもしれません。

値段は100円から500円くらいまで様々です。

新品同様のキレイなもの(美品)が欲しいときは、専門店(ヴィンテージショップ)へ行きましょう。

いわゆる「骨董屋」の場合、美品を扱っていることは少ないかもしれません。

最近は、昭和レトロな雑貨を専門に扱うお店も増えて、こうした専門店では「デッドストック」と呼ばれる未使用品の売買に力を入れています。

商品の価値を理解して扱っているので、値段は高めになりますが、安心して新品同様の状態のモノを購入することができます。

値段は2,500円から5,000円くらいまで。

専門店ではコレクション的な要素が値段に反映されるので、人気のある「ノリタケ」(日本陶器)や「TOTO」(東洋陶器)の製品などは高値になりがちです。

聞いたことのないブランドの製品だと、安く売られていたりする場合もあるので、こだわらない方は、幅広く探してみるといいでしょう。

気軽に入手できるという意味では、メルカリやヤフオクもおすすめ。

地元では、なかなか見つからないデザインを発見したり、捜索範囲が広くなるのが、ネットオークションやフリマアプリの良いところですよね。

意外と高い値段を付けている場合も多いので、失敗しないよう購入価格には気を付けましょう。

昭和レトロなティーカップのブランド

実際に探してみると、昭和中期には、実にたくさんのブランドの商品が流通していたことが分かります。

時代の流行を反映したデザインもあれば、ブランドの好みを反映したものもあるので、最初のうちは、自分の好きなデザインのモノを、ゆっくりと探してみてはいかがでしょうか。

ここで、我が家のティーカップをメーカー別にご紹介したいと思います。

ノリタケ(日本陶器)

圧倒的に多いのが「日本陶器」、現在の「ノリタケ」の製品です。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

昭和30年代の製品は、デザインがモダンで、芸術的なセンスを感じさせます。

とにかくすっごく書き込まれていて、一見して「凝ってるなあ」と思わせるものが多いです。

何描いてるんだか、よく分からないという難点はありますが、、、(笑)

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

食器を買うときは、底のマーク(裏印)に注意します。

ノリタケの製品は、時代によって裏印が異なるので、ヴィンテージを買うときは、裏印を見て時代を判別します。

ノリタケの裏印(昭和30年代~40年代)ノリタケの裏印(昭和30年代~40年代)

昭和レトロなノリタケの商品には、「Noritake」の文字の下に「N」(日本マーク)が入っています。

会社名も「NIPPON TOKI KAISHA」(日本陶器会社)と入っているので、分かりやすいですよね。

知識のない骨董屋さんは、最近のノリタケまで「オールド・ノリタケ」と称して売っていることがあるので注意しましょう。

ちなみに、戦前のノリタケ製品を「オールド・ノリタケ」、昭和レトロなノリタケ製品を「ヴィンテージ・ノリタケ」と呼んで区別しています。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

器のデザインは、洋風なものばかりではなく、和風のものも多くあります。

お正月に使いたい鶴のデザイン。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

北欧風の幾何学模様のデザイン。

昭和30年代には、北欧風のデザインが、日本でも流行していたようです。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

女性に人気のあるお花のデザイン。

現在の製品へ繋がるデザインですが、やっぱりニュアンスが異なりますね。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

紫陽花のデザイン。

この紫陽花シリーズは、カップ&ソーサだけではなく、ティーポットやシュガーポット、ディナー皿、スープ皿など、セット一式で購入しました。

デッドストックで10,000円くらいで、初夏に活躍してくれています。

ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)ノリタケのカップ&ソーサ(昭和30年代)

でも、個人的には、こういうヘンテコなデザインのものが好きです。

分かりやすくソーサだけで写真にしてみましたが、何だか変わってますよね?

当時は、こんな古代モチーフの食器が多かったのかもしれませんね。

たくさん見掛けるものでもないので、たまに見つけると興奮して買ってしまいます(笑)

東洋陶器(Toyotoki)

ノリタケの次によく見かけるのが「東洋陶器」(Toyotoki)です。

東洋陶器のカップ&ソーサ(昭和30年代)東洋陶器のカップ&ソーサ(昭和30年代)

東洋陶器のカップ&ソーサは、奇抜なデザインのものが多く、昭和モダンを一番感じさせてくれるブランドです。

個人的に一番好きな会社なので、見つけたら、つい買ってしまうという、危険な会社でもあります(笑)

三郷陶器(Sango)

愛知県尾張旭市三郷町にある「三郷陶器」です。

三郷陶器のカップ&ソーサ(昭和30年代)三郷陶器のカップ&ソーサ(昭和30年代)

東洋陶器に近いモダンデザインがカッコイイ。

セト・チャイナ(SETO Chaina)

新潟県西蒲原郡燕町にあった「瀬戸洋食器工場」(セト・チャイナ)です。

セト・チャイナのカップ&ソーサ(昭和30年代)セト・チャイナのカップ&ソーサ(昭和30年代)

普通に見掛けるので、結構流通していたブランドなのではないかと。

瀬栄陶器(セーエー陶器)

愛知県瀬戸にあった「瀬栄陶器」(SEYEI CHINA)です。

瀬栄陶器のカップ&ソーサ(昭和30年代)瀬栄陶器のカップ&ソーサ(昭和30年代)

和風デザインですが、しっかりと描き込まれています。

地のデザインとのバランスも魅力的。

瀬栄陶器は、1980年代初頭に廃業しているようです。

ナルミ(鳴海製陶)

現在も人気の「ナルミ」(鳴海製陶)です。

ナルミのカップ&ソーサ(昭和30年代)ナルミのカップ&ソーサ(昭和30年代)

東洋陶器に近いモダンなデザイン。

本社は、名古屋市緑区鳴海町にありますが、戦前には「名古屋製陶」という会社だったんですね(鳴海製陶は昭和25年設立)。

こういう歴史を調べるのも楽しみ(笑)

パール・チャイナ(Pearl China)

詳細不明の「パール・チャイナ」です。

パール・チャイナのカップ&ソーサ(昭和30年代)パール・チャイナのカップ&ソーサ(昭和30年代)

どぎつい配色がレアな感じ。

でも、やっぱりモダンなんですよね~。

古い食器を集めていると、こういう正体不明のモノに出会うことが、よくあります。

その正体を一つ一つ調べていくのも、ヴィンテージ・コレクションの楽しいところなんですよね。

ま、分からなくても、別にいいんですけど(ゆるい)。

昭和レトロな食器の参考書

本格的に、昭和レトロなティーカップ集めを始めるときには、参考書があると助かります。

昭和モダンの器たち(コロナ・ブックス)

2006年に発売された『昭和モダンの器たち』です。

2000年代って「スローライフ」や「丁寧な暮らし」が流行する中で、昭和レトロのブームも来ていたんですよね。

昭和レトロをテーマにした書籍が、たくさん刊行されましたが、昭和レトロなティーカップ集めには、この『昭和モダンの器たち』が参考になります。

ティーカップ以外にも、欲しいものが登場するかも!?

created by Rinker
¥1,760
(2023/12/04 21:02:14時点 Amazon調べ-詳細)

読んでいるだけで癒される、ノスタルジックなカラーブックスです。

まとめ

いかがでしたか?

古い食器を日常生活の中で使う。

それは、とても非日常的で、生活に特別感を生み出す方法の一つだと思います。

なにより、ゆっくりと流れる時間を楽しむことができる。

それが、昭和レトロなティーカップを使ってお茶を楽しむことの、大きな魅力なのかもしれませんね。

昭和レトロな食器で、週末ティータイムのアップデート、いかがでしょうか。

ABOUT ME
gauche
バブル世代のビジネスマン。意外と元気な中年ライフを謳歌してます。将来の夢は、骨董屋さんか古本屋さん。古民家カフェにも興味あり。