音楽

大瀧詠一「暑さのせい 」わたせせいぞうのイラストで楽しむエンドレスサマー

大瀧詠一「暑さのせい EP」が届いた。

久しぶりの大瀧詠一だけど、今回は、わたせせいぞうのジャケットが目当てだった。

海辺のプールに佇む赤いワンピースの女性。

白いテーブルの上には、『A LONG VACATION』のLPレコード。

いいね~。

アマゾン購入特典のメガジャケで見ると、なお満足。

音楽聴く前から、もう元を取ったようなもんだね(1,500円です)。

肝心のCDは、懐かしの8cm短冊CD。

いいね~。

未だに中古でコツコツと8cmシングル集めている自分としては、かなりの納得感。

で、CD乗せると、なんと21分44秒もある。

全9曲、なかなか楽しめる内容になっているようだ。

外装ビニールに「ポカリのまなきゃ」のシールあり。

ポカリスエットのCMソングだったのかー。

テレビ観ないから、どんなCMやってるのかも知らないんだよなあ。

ポカリも数年飲んでないし。

表題作「暑さのせい」は、まさにCMソングで、30秒バージョンと15秒バージョンが収録されている。

それは 暑さのせい
それは 暑さのせい
じっとしちゃ いられない
それは 暑さのせい

大瀧詠一「暑さのせい」

悪くない。

できれば、フルバージョンで聴きたかったかな。

「あつさのせい(もうメロメロ編)」は、1972年の1stソロアルバム『大瀧詠一』収録曲の別バージョン。

まあ、なんて言うか、今年の夏にぴったりって感じの曲だよね。

もっと早く、夏の始まりの季節に発売しても良かったのでは?

「Summer Lotion」は、資生堂のCMソング。

サマー・ローションを
つけたからといって
けして美人になる訳じゃないんですけれど
日焼けが嬉しい お年頃
とっても気持ちがいいんすよ

大瀧詠一「Summer Lotion」

次の「Hankyu Summer Gift」(歌詞が載ってない)もだけど、大瀧詠一のCMソングはやっぱりいい。

そして、名曲「Velvet Motel」「夏のペーパーバック」へと続く流れは最高。

あー、マジで夏に聴きたかったな、9月じゃなくて(笑)

「冬のリビエラ」のサマーバージョン「夏のリビエラ」(英語詞)や「真夏の昼の夢」と、最後まで怒涛の夏ソング特集。

大瀧詠一マニアじゃなくても、全然楽しめるクオリティ。

令和の時代に全然通用するポップ・ミュージック。

買って正解だったわ、ほんと。

ということで、9月になっても夏は終わらない。

2023年のエンドレス・サマーを、大瀧詠一とわたせせいぞうで楽しもう。

created by Rinker
ソニー・ミュージックレーベルズ
¥6,000
(2024/02/24 15:05:53時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
3代目アコード
バブル世代のビジネスマン。ヤンエグにはなれなかったけどね。