音楽

バブル世代に懐かしい(ほぼ80年代)夏歌プレイリスト【全80曲】

ゴールデンウイークなので、iPhoneのApple Musicで夏のプレイリストを作りました。

NO MUSIC, NO LIFEなタワレコ世代なので、日々プレイリストを作り続けているんです。

iPhoneは音楽プレイヤーとして、本当に優秀ですね。

めちゃくちゃ小さいコンポにBluetoothで飛ばして一日中音楽聴いてます(イヤホンは未だにケーブル派なのに)。

ということで、今日はバブル世代に懐かしい(ほぼ80年代)夏歌プレイリストをメモっておきます。

夏うた探すときの参考にしてください。

サザンオールスターズ、山下達郎、TUBE、杉山清貴&オメガトライブ、松任谷由実、ブレッド&バター、松田聖子、大瀧詠一、荻野目洋子

バブル世代に懐かしい(ほぼ80年代)夏歌プレイリスト

・シーズン・イン・ザ・サン(TUBE)
・SUMMER DREAM(TUBE)
・Beach Time(TUBE)
・夏を待ちきれなくて(TUBE)
・あー夏休み(TUBE)
・ダンス・ウィズ・ユー(TUBE)
・RIDE ON TIME(山下達郎)
・LOVELAND,ISLAND(山下達郎)
・あまく危険な香り(山下達郎)
・悲しみのJODY(山下達郎)

・高気圧ガール(山下達郎)
・スプリンクラー(山下達郎)
・踊ろよ、フィッシュ(山下達郎)
・ヘロン(山下達郎)
・いつか晴れた日に(山下達郎)
・僕らの夏の夢(山下達郎)
・真夏の夜の夢(松任谷由実)
・海を見ていた午後(松任谷由実)
・情熱に届かない(松任谷由実)
・カンナ8号線(松任谷由実)

・DESTINY(松任谷由実)
・真珠のピアス(松任谷由実)
・潮風にちぎれて(松任谷由実)
・埠頭を渡る風(松任谷由実)
・渚に行こう(ブレッド&バター)
・クルージング・オン(ブレッド&バター)
・SALING ON BOARD(ブレッド&バター)
・君がいた夏[セラリエス](ブレッド&バター)
・僕の知らない夏(ブレッド&バター)
・第2土曜日(ブレッド&バター)

・HOLD ON(ブレッド&バター)
・湘南ガール(ブレッド&バター)
・栞のテーマ(サザンオールスターズ)
・鎌倉物語(サザンオールスターズ)
・海(サザンオールスターズ)
・希望の轍(サザンオールスターズ)
・忘れられた Big Wave(サザンオールスターズ)
・真夏の果実(サザンオールスターズ)
・YOU(サザンオールスターズ)
・悲しい気持ち(桑田佳祐)

・Bye-Bye ガール(少女隊)
・サマータイムブルースが聴こえる(吉田拓郎)
・SUMMER VACATION(村田和人・竹内まりや)
・一本の音楽(村田和人)
・裸足の季節(松田聖子)
・青い珊瑚礁(松田聖子)
・SQUALL(松田聖子)
・夏の扉(松田聖子)
・白いパラソル(松田聖子)
・渚のバルコニー(松田聖子)

・マイアミ午前5時(松田聖子)
・君は天然色(大瀧詠一)
・カナリア諸島にて(大瀧詠一)
・夏のペーパーバック(大瀧詠一)
・ふたりの夏物語(杉山清貴&オメガトライブ)
・さよならのオーシャン(杉山清貴)
・君は1000%(1986オメガトライブ)
・Super Chance(1986オメガトライブ)
・夏の罠(カルロス・トシキ&オメガトライブ)
・君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね(中原めいこ)

・夏のクラクション(稲垣潤一)
・サヨナラは八月のララバイ(吉川晃司)
・悲しみ2ヤング(田原俊彦)
・さらば・・夏(田原俊彦)
・SUMMER EYES(菊池桃子)
・Broken Sunset(菊池桃子)
・夏色片想い(菊池桃子)
・Silent Summer Sea(RA MU)
・さよならの果実たち(荻野目洋子)
・Dance Beatは夜明けまで(荻野目洋子)

・湘南ハートブレイク(荻野目洋子)
・天国にいちばん近い島(原田知世)
・サマータイムブルース(渡辺美里)
・シンデレラサマー(石川優子)
・ふたりの愛ランド(石川優子&チャゲ)
・素敵なサマーデイズ(杉真理)
・Runner(爆風スランプ)
・DARLIN’ DARLIN’(Nobody)
・め組のひと(ラッツ&スター)
・今夜だけきっと(スターダストレビュー)

ここまで80曲、5時間40分です。

これをシャッフルで聴けば、毎日聴いてもしばらくは持つはずです。

特定のミュージシャンが多いのは、夏歌を歌う人たちって、きっと夏歌を得意にしていたからではないかと思います。

TUBEとかサザンとかヤマタツとかオメガトライブとかブレバタとかは、いかにもそれで、アイドルでも松田聖子とか荻野目ちゃんなんかは、夏のイメージが強いんだと思います。

逆に、個人的に好きな南野陽子とか、それっぽい夏歌が少ないのが残念。

ちなみに、1986オメガトライブの「スーパーチャンス」は、スーパー・フジカラーのCMソングで、南野陽子が出演していましたね。

杉山清貴に憧れて、真っ白なスーツとか着てたっていうのは、黒歴史ですね(白いけど)。

自分でプレイリストを作る暇がない!っていうリア充な方には、コンピのCDもおすすめ。

created by Rinker
¥8,800
(2024/04/18 21:09:34時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
3代目アコード
バブル世代のビジネスマン。ヤンエグにはなれなかったけどね。